泣きたい私は猫をかぶるスタジオコロリドの長編アニメーション映画第2弾『泣きたい私は猫をかぶる』が2020年6月5日に公開されることが発表されました。
この度、キャスト・スタッフが発表され、特報映像とビジュアルも公開されています。



声優には、『借りぐらしのアリエッティ』『風立ちぬ』など、スタジオジブリ作品にも出演した志田未来さん。アニメ『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎役を務めた花江夏樹さんが、それぞれ本作の重要な役を演じます。

監督を務めるのは、『美少女戦士セーラームーン』シリーズ、『ケロロ軍曹』シリーズなども手がけた佐藤順一さんと、スタジオジブリに仕上げとして入社し、『千と千尋の神隠し』『ギブリーズ episode2』にも携わった柴山智隆さんによるダブル監督となります。
また、脚本は『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『空の青さを知る人よ』の岡田麿里さんが務めます。

泣きたい私は猫をかぶる

クリエイターのコメント

佐藤順一監督
もし猫だったらもっと楽に生きられるかもしれない。まわりにあわせて自分の心にふたをしたり元気なふりをしたり、笑顔をはりつけたりしなくていいから。うまくやれなくて波立つ心を絶えず隠して陽気にふるまう少女を志田未来さん、波立つ心を自ら押さえつける少年を花江夏樹さんが、自然さとヒリヒリした痛みが同居する二人を鮮やかに演じてくれました。

柴山智隆監督
「ムゲと日之出と猫たちを、煙突の立ち並ぶこの街にありありと描きたい。まだ見ぬ”となりの世界”も」佐藤監督をはじめ、信頼できるスタッフと試行錯誤しながら少しずつ積み上げていく作業は面白く、スリリングな毎日でした。ムゲたちが生きる世界と時間を少しでも身近に感じていただけたら嬉しいです。

脚本・岡田麿里
佐藤監督の匠の技と、柴山監督の作品への深い愛情、スタッフひとりひとりの日々の情熱により、どこか懐かしい作品が生まれました。主人公のムゲというあだ名は、無限大謎人間の略です。謎の多い状況のなか、謎と思われているムゲの成長を、劇場でご覧いただけたら幸いです。

『泣きたい私は猫をかぶる』(2020年6月5日公開)
監督:佐藤順一・柴山智隆
脚本:岡田麿里
出演:志田未来、花江夏樹
制作:スタジオコロリド
企画:ツインエンジン
配給:東宝映像事業部 
© 2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会


ジブリ情報配信中



関連記事