THE MAN WHO LEAPT THROUGH FILM 細田守の芸術世界

細田守監督作品を特集した、チャールズ・ソロモンによる著書「THE MAN WHO LEAPT THROUGH FILM 細田守の芸術世界」が、7月に発売されます。



国際的なアニメーション歴史家・評論家として知られるチャールズ・ソロモン。「THE MAN WHO LEAPT THROUGH FILM 細田守の芸術世界」では、細田監督が映画監督デビューを果たした『劇場版 デジモンアドベンチャー』をはじめとする初期作品から、細田監督の出世作となった『時をかける少女』に、『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』、最新作『竜とそばかすの姫』まで特集。数百点におよぶスケッチ、絵コンテ、背景画、キャラクターデザインが紹介されます。

また、本書にはディズニー作品などでキャラクターデザインを務め、『竜とそばかすの姫』のCGキャラクターデザインを担当したジン・キムによる、ベルのドローイングも収録されます。

THE MAN WHO LEAPT THROUGH FILM 細田守の芸術世界
発売日:2022年7月8日(金)
価格:3,850円(税込)

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中