ゴジラ対エヴァンゲリオン庵野秀明がともに総監督を務める映画『シン・ゴジラ』と『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズのコラボレーション企画「ゴジラ対エヴァンゲリオン」から、“怪獣絵師”の異名をとる開田裕治が手掛けた、新ビジュアルが公開されました。



同キャンペーンでは、東宝製作による12年ぶりの『ゴジラ』映画公開を記念して、「ゴジラ対エヴァンゲリオン」をテーマに有名クリエイターとタッグを組んだイラストや関連グッズを展開。第1弾として、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』にコンセプトアートアンドデザインで参加し、『シン・ゴジラ』ではゴジラのイメージデザインを手掛けた前田真宏によるビジュアルが1日に公開され話題を呼んだ。

23日から、このビジュアルを使用したクリアファイルが特典となった劇場前売券を全国5万5,555枚限定で販売。東宝によると、発売から2日間の日本国内における売上枚数は、2014年公開のハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』(最終興行収入32億円)との対比で、258%という驚異的な数値を記録しているという。


ジブリ情報配信中