「バケモノの子展」富山展東京・渋谷と、大阪・梅田で開催し、総動員数10万人の大ヒットをとばした「バケモノの子展」が、細田守監督の故郷・富山で開催します。
本展では映画の“設計図”ともいえる絵コンテや、キャラクターデザイン、背景美術など細田作品の世界を彩る貴重な資料をダイナミックな展示で紹介します。



『バケモノの子』に関しては、美術ボードや絵コンテ、レイアウト、原画も展示します。また作品の名場面を体験できるブースを多数展開し、映画と同様に大人から子どもまでが一緒に楽しめます。細田監督と多くのスタッフが作り上げた映画の魅力に、イベントならではの視点で迫る「バケモノの子展」は、この富山で最後となります。

また、開幕となる23日(土)には、細田守監督のミニトークショーも開催されることが決まりました。
時間は12時20分から。定員80名。当日9時より整理券が配布されます。

バケモノの子展
会期:2016年7月23日(土)~8月21日(日)
時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
場所:富山市民プラザ ギャラリーA・B・C・D
料金:大人 1200円/中高生 1000円/小学生 700円

『バケモノの子 スペシャル・エディション』Blu-ray
Blu-ray スペシャル・エディションには『バケモノの子』細田守監督書き下ろし短編小説を収録

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事