山本二三展「日本アニメーション美術の創造者 山本二三展」が4月4日(土)から6月7日(日)まで、滋賀県守山市にある佐川美術館で開催されます。
『天空の城ラピュタ』や『火垂るの墓』『もののけ姫』などジブリ作品を始めとした美術監督を務めた山本二三さんの手描きの背景画や、スケッチ、イメージボードなど、初期から最新作まで約230点が展示されます。



今回は、二三さんの描き下ろしの新作「卯月の琵琶湖」も公開されます。守山市の琵琶湖岸から琵琶湖大橋、対岸の比良山系を望む風景画で佐川美術館限定の作品となります。

山本二三「卯月の琵琶湖」

開幕日となる4月4日には、二三さんのトークショーとサイン会も実施。5日には、二三さんが背景画を描くデモンストレーションも行なわれます。

「日本アニメーション美術の創造者 山本二三展」
日程:2020年4月4日(土)~6月7日(日)
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
場所:滋賀県・佐川美術館
料金:大人1,000円、大学生・高校生600円、中学生以下無料
休館:月曜(5月4日は開館、5月7日は休館)

山本二三百景
山本二三の集大成となる愛蔵版の画集

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事