トトロ×シュタイフ宮崎駿監督の『となりのトトロ』に登場するトトロと、テディベアを制作するメーカーのシュタイフ社がコラボし、日本限定の縫いぐるみ1,500体が制作されることが決まりました。シュタイフ社は1880年にドイツで誕生し、世界で初めてテディベアを作ったブランド。



ドイツの職人の手作業で一体ごと丁寧に作られた逸品は、世界中で高い評価を得ており、偽物や粗悪品を防ぐためにも縫いぐるみの左耳に、シュタイフ社製であることを証明するタグ「ボタン・イン・イヤー」が付いていることでも知られている。

今回の縫いぐるみにも、限定品用の「ボタン・イン・イヤー」が付けられており、それぞれのシリアルナンバーも割り当てられているという。全長は25センチと小さめでキュートなサイズ。アルパカの毛が使用されたもふもふの質感も楽しむことができるだろう。

縫いぐるみ「シュタイフ×トトロ」は2015年6月に発売(税抜き価格:4万2,000円) 近日、予約受付開始


ジブリ情報配信中



関連記事