高畑勲展 日本のアニメーションに遺したもの高畑勲監督の初となる回顧展「高畑勲展 日本のアニメーションに遺したもの Takahata Isao:A Legend in Japanese Animation」が、7月2日~10月6日に東京国立近代美術館で開催されます。
これまで未発表だった高畑監督の制作ノートや、絵コンテなどが展示される予定です。



また、本展はアニメーション映像研究家の叶精二さんが、展示アドバイザーと図録執筆を担当していることが明かされました。

展覧会は4章構成で展示されます。

「1章出発点 アニメーション映画への情熱」
1章では、初監督作品となった『太陽の王子 ホルスの大冒険』などにスポットを当てます。

「2章 日常生活のよろこび─アニメーションの新たな表現領域を開拓」
TVシリーズ制作時の宮崎駿、小田部羊一、近藤喜文、井岡雅宏、椋尾篁らとのチームワークを、絵コンテ、レイアウト、背景美術によって検証し、高畑演出の秘密に迫ります。

「3章 日本文化への眼差し─過去と現在との対話」
『火垂るの墓』『平成狸合戦ぽんぽこ』などで発揮された、日本人の戦中・戦後の経験を現代と地続きのものとして語り直す話法の創造と、高畑監督作品の「里山」というモチーフの展開に注目します。

「4章 スケッチの躍動─新たなアニメーションへの挑戦」
水彩画風の描法に挑んだ『かぐや姫の物語』などにスポットを当てた4章で構成される予定です。

高畑勲展 日本のアニメーションに遺したもの
Takahata Isao:A Legend in Japanese Animation

会期:2019年7月2日(火)~10月6日(日)
時間:10:00-17:00(金、土曜日は21:00まで。入館は閉館30分前まで)
場所:東京国立近代美術館
休館:月曜日(但し7月15日、8月12日、9月16日、9月23日は開館)、7月16日(火)、8月13日(火)、9月17日(火)、9月24日(火)
料金:一般1,500円、大学生1,100円、高校生600円

『高畑勲監督作品集』Blu-ray
高畑勲監督作品を一堂に揃えた豪華作品集。
スタジオジブリ“作品集”第2弾!

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事