高畑勲展 日本のアニメーションに遺したもの

福岡市美術館で4月29日から開幕する「高畑勲展 日本のアニメーションに遺したもの」にて、さまざまな豪華関連イベントが実施されることが発表されています。



本展は、これまでに東京・岡山で開催された人気展。4月29日から7月18日までは、福岡市美術館で開催されます。
それに伴い、関連イベントが続々と発表されています。

開幕となる4月29日には、「高畑勲の革新的アニメーション演出術」と題し、映像研究家・叶精二さんによる講演会を開催。6月12日には、高畑勲監督が作った唯一の実写作品『柳川堀割物語』が、翌13日には『かぐや姫の物語』が上映されます。

また、6月20日には、『機動戦士ガンダム』の総監督として知られる富野由悠季監督を招き、特別講演会が開催されます。
富野監督が絵コンテを手がけた『赤毛のアン』第8章を上映し、そのあとに高畑勲監督についてのエピソードが語られる予定です。

講演会「高畑勲の革新的アニメーション演出術」
日時:2021年4月29日(木・祝)14:00~15:30
申込締切:2021年4月16日(金)

映画上映『柳川堀割物語』
日時:2021年6月12日(土)『柳川堀割物語』①10時~、②14時~
申込締切:2021年5月28日(金)

映画上映『かぐや姫の物語』
日時:2021年6月13日(日)『かぐや姫の物語』①10時~、②14時~
申込締切:2021年5月28日(金)

富野由悠季監督による特別講演会
日程:2021年6月20日(日)
※申込方法等詳細は4月16日に「高畑勲展」公式サイトにて公開されます


ジブリ情報配信中



関連記事