種田陽平『思い出のマーニー』で美術監督を務めた種田陽平さんが、8月25日にNHKで放送するドキュメンタリー「プロフェッショナル 仕事の流儀」に登場します。
これまで実写映画の世界で生きてきた種田さんは、今回初めて、長編アニメーション映画の背景作りに挑戦しました。実写で培った技術を2次元の世界でどう生かし、いかに記憶に残るものを作れるか。種田陽平さんの静かな、しかし熱き闘いに密着します。



種田さんはクエンティン・タランティーノ、チャン・イーモウ、三谷幸喜、岩井俊二ら、国内外の監督から信頼を得ている美術監督。
番組では種田さんに密着取材を行い、実写で培った技法をアニメーション作品に取り入れていく過程を紹介していく。また、現在、東京・墨田区の江戸東京博物館で開催中の映画の世界を立体建造物で再現した展覧会「思い出のマーニー×種田陽平展」に取り組む姿も追っている。

プロフェッショナル 仕事の流儀/細部を突き詰め、世界を創る
美術監督・種田陽平
日程:2014年8月25日(月)
時間:22:00~22:48(NHK)

ジブリの世界を創る
「種田さんに美術を頼んでホントによかった! 」――鈴木敏夫
『思い出のマーニー』で初めてアニメの美術監督に挑戦する種田陽平氏。
日本を代表する美術監督が、『思い出のマーニー』の制作の裏側を明かしながら、映画美術の仕事と創造の極意を語る。米林宏昌監督との特別対談も収録。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事