『紅の豚』 ファイイモールド 塗装済完成品宮崎駿監督作品の『紅の豚』に登場する戦闘機3種が、1/72サイズの塗装済み模型であるデスクトップモデルとなって、ファインモールド社から、12月14日に発売されます。
主人公のポルコ・ロッソの愛機「サボイアS.21」が、劇中前半までと、撃墜された後に改造された機体との2種類に分けて制作され、宿敵カーチスの水上戦闘機と合わせて3種のラインナップで登場です。



アニメの設定画を基に「もしもこれらの飛行機が実在したら…」というコンセプトで制作され、それぞれパイロットのフィギュアが着座できます。さらに、ポルコの後期型「サボイア」には、劇中通り、ヒロインのフィオを座らせることも可能です。いずれも72分の1スケールで、サボイアは2種とも全長11.5センチ、カーチスは全長10センチ。価格は税込で、各6480円となっています。

サボイアS.21 試作戦闘飛行艇

『紅の豚』 サボイアS21 ファイイモールド 塗装済完成品
≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

カーチスR3C-0 非公然水上戦闘機

『紅の豚』 カーチスR3C-0 ファイイモールド 塗装済完成品
≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

サボイアS.21F 後期型

『紅の豚』 サボイアS21F ファイイモールド 塗装済完成品
≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事