なつぞら4月4日に放送されたNHK連続テレビ小説『なつぞら』第4話の平均視聴率が22.4%だったことが、ビデオリサーチの調べでわかりました。
第4話は、草刈正雄が演じる泰樹おんじこと、柴田泰樹が奥原なつを菓子屋・雪月に連れて行き、雪月のとよは、泰樹が夕見子を連れて来たと勘違いするというコミカルなやりとりがあります。



また、後半では泰樹の持って来た牛乳と卵でアイスクリームを作り、なつはそれを食べながら、「働けば、いつか報われる日が来る。無理に笑うことも、謝ることもない。堂々と生きろ」と泰樹に励まされ涙するという、『千と千尋の神隠し』のオマージュが盛り込まれた回でした。

本作の最高視聴率は、今のところ第3話で23.0%を記録しています。

『連続テレビ小説 なつぞら Part1』NHKドラマ・ガイド
撮り下ろし特集:広瀬すず×吉沢亮、豪華出演者紹介、歴代ヒロインコメント&「ヒロインを支えた男たち」インタビューなど、特別豪華版の番組ガイド。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事