鈴木敏夫プロデューサーが、「世界一受けたい授業!」に出演し、引退することを9月に表明した宮崎駿監督について、次の仕事は漫画連載であることを語たりました。
漫画の内容は明かされていませんが、チャンバラものを執筆しているとのこと。もしかしたら、宮崎監督が1980年頃に映画企画を立てていた、『戦国魔城』の漫画版かもしれませんね。
ちなみに、画像は以前宮崎監督が描いたイメージボードのものです。



MCの堺正章から宮崎監督の引退を予感していたか聞かれると鈴木氏は「予感じゃなくて知ってたんです。もう、決まっていた。スタッフは少なからず落胆していたけど僕はほっとした。もう、これで作らなくていいから」とプレッシャーからの解放をあげた。

宮崎監督が引退後、何をするのかと聞かれると鈴木氏は「漫画連載をやると思います。もともと自分の好きなことをこつこつやるのが好きなんです。それが彼のストレス解消法なんです」と明かした。

堺が「戦国時代のチャンバラがお好き?」と聞くと鈴木氏は「それを今、描いてます。あんまりしゃべると怒られちゃう。この辺でやめときます」と頭をかいた。

風立ちぬ (ロマンアルバム)
宮崎駿監督、最後の長編映画『風立ちぬ』。映画に込められた監督の想いを解き明かす。スタジオジブリは、こうして映画を作り上げた!

・徹底的に描き込んだ原画・レイアウト!
・色鮮やかな美術ボード!
・一枚の絵に“風”が吹き込まれる過程を徹底解説!
・鈴木敏夫(スタジオジブリ)と齋藤優一郎(スタジオ地図)のプロデューサー対談も!

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事