高畑勲三鷹ネットワーク大学のアニメーション文化講座で、高畑勲監督の講座が開講されることになりました。
今回の講座は、優れた短編アニメーション作品の中から特に傑出した二本を選び、それを徹底的に鑑賞してみようという企画です。



作品を繰り返し鑑賞し、討論することによって、受講者みずからが、その映像的な魅力、表現の斬新さ、そして内容的な含蓄の深さを発見していく、というのがこの講座の狙いです。

高畑勲監督を講師にお迎えし、全4回にわたり実施されます。
前回の講座が好評だったため、本講座は、定員を超える申し込みの場合は抽選が行なわれるとのこと。

第1回 10月7日(金)
「岸辺のふたり」(監督:マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット)をじっくり観よう。
何度か上映し、その都度、講師が受講者に細部について質問し、受講者が答え、映像をきちんと把握する。
参考上映「お坊さんと魚」(同上)

第2回 10月14日(金)
「岸辺のふたり」の、一見シンプルに見えるアニメーションにこめられた、様々な意味や背景をともに読み解く。

第3回 10月21日(金)
「くもとちゅうりっぷ」(監督:政岡憲三)をじっくり観よう。
その上で、感想を出し合い、戦後のアニメとどこが違うかも発見する。
参考上映「桜」(同上)

第4回 10月28日(金)
「くもとちゅうりっぷ」から東映動画へと続くアニメーションの歴史、政岡憲三という天才作家が生まれた背景を、様々な歴史資料と共に解説する。
特別講師に、なみきたかし氏(オープロダクション社長)をお招きする。

アニメーション文化講座
傑作アニメーションを、とことん味わおう

日時:2016年10月7日(金)、14日(金)、21日(金)、28日(金) (全4回通し受講/19:00~20:30)
定員:50名
受講料:一般3000円、市民2400円、市民在勤・在学2400円、市民学生1800円、会員1500円
申込期間:9月6日(火)9:30~9月20日(火)17:00(定員を超えた場合は抽選)
場所:三鷹ネットワーク大学


ジブリ情報配信中



関連記事