思い出のマーニー アメリカ公開米林宏昌監督の『思い出のマーニー』が5月22日より全米で公開されます。
全米配給するのは、『かぐや姫の物語』や『となりのトトロ』『千と千尋の神隠し』などジブリ作品を上映してきたGKIDSが担当。英題は『When Marnie Was There』となります。



英語版のキャストは、主人公の杏奈をヘイリー・スタインフェルド、マーニーをキーナン・シプカが演じることが発表されています。また、追加キャストとして、杏奈を見守る大人たちに、ジーナ・デイビス、ジョン・C・ライリー、ヴァネッサ・ウィリアムズが演じていることが明かされました。

アメリカのマスコミからも、「息をのむほど素晴らしい」(ハリウッド・リポーター)、「素晴らしい! 今までのスタジオジブリ作品と同じようにゴージャスな作品だ!」(タイムアウト・ニューヨーク)といった高評価が届いており、宮崎駿監督の『風立ちぬ』、高畑勲監督の『かぐや姫の物語』に続く、3年連続のアカデミー賞ノミネートに期待がかかります。


ジブリ情報配信中



関連記事