米林宏昌 思い出のマーニー 借りぐらしのアリエッティ3月18日にブルーレイとDVDが発売された『思い出のマーニー』。周囲と上手く打ち解けられない主人公・杏奈の葛藤と、不思議な少女・マーニーとの出会いによる成長が描かれた本作。監督として作品を手がけた米林宏昌さんが、制作当時のエピソードや作品にかける思いを語りました。



冒頭から『私は…私がキライ』とその心情を綴る杏奈だが、揺らぎ続ける彼女の心情を描くのは「難しかった」と米林監督は語る。「文章で細かく説明されていた原作と異なり、表情やしぐさから、杏奈の心情を描写するのは試行錯誤の連続でした。ただ、作品を手がけるにあたり心の声をモノローグで語らせるというのは極力やりたくなかったですね。だから、杏奈自身はもちろんですが、マーニーとのふれあいを通じても、彼女の成長がなるべく目に見えるよう表現したつもりです」。

杏奈とマーニーの関係性は物語の鍵を握るが、それぞれのキャラクターについて監督自身が抱く印象も聞いてみた。「二人に共通するのはどこか心の奥底に“闇”や“不安”を抱えているという点です。以前監督を務めた『借りぐらしのアリエッティ』の主人公は、明るくおおらかで、何があってもめげないといういわば“ジブリらしい”女の子だったと思います。一方、本作は世界観もよりリアルにして、観て頂くみなさんが“等身大の少女”として杏奈に寄り添ってマーニーとの時間を過ごせるように、表現も心がけました」。

『思い出のマーニー』Blu-ray
イギリス児童文学の名作『思い出のマーニー』を米林宏昌監督が映像化。
映像特典:絵コンテ/アフレコ台本/予告編集/「ZERO CULTURE スピンオフ誰も知らないスタジオジブリ 「思い出のマーニー」ができるまで」収録

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事