ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん「東京アニメアワードファスティバル2016」の長編アニメーション部門でグランプリを受賞し、高畑勲監督が日本での公開を望んでいた『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』が、ついに9月6日(金)より劇場公開されます。
東京都写真美術館ホールほか順次全国公開となっており、日本語吹き替え版も上映されます。



行方不明になった冒険家の祖父を探すために、14歳の貴族の子女サーシャが北極点を目指すシンプルな冒険譚だが、生き生きとした生活描写と主線を排した温かみのある絵、緻密に計算されたレイアウトなどによって唯一無比な力強いアニメーション映画で、かつての東映動画やジブリの作品を思い起させる映画となっています。

『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』
英語タイトル:Long Way North
原題:TOUT EN HAUT DU MONDE(世界の頂点で)
監督:レミ・シャイエ
脚本:クレール・パオレッティ/パトリシア・バレイクス
作画監督:リアン・チョー・ハン
音楽:ジョナサン・モラリ
配給:リスキット/太秦
特別協力:東京アニメアワードフェスティバル
協力:キャトルステラ/スタジオ Jumo/Stylab

『Long Way North』Blu-ray

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事