千と千尋の神隠し となりのトトロ 耳をすませば株式会社大和ネクスト銀行が国内旅行に関する調査2019を行い、アニメーション作品の聖地巡礼を行ないたい作品のランキングを発表しました。
1位は新海誠監督の『君の名は。』が獲得したものの、ジブリ作品からは2位に『千と千尋の神隠し』、3位に『となりのトトロ』、7位に『耳をすませば』と3作品がランクインしました。



また、聖地巡礼をしたいと思うドラマ・映画のアンケートも行われており、そちらの調査では『なつぞら』『北の国から』がいずれも15件を獲得して1位となっています。

本調査は、1年以内に国内旅行をしたことがある全国の20歳~69歳の男女を対象に、今年9月25日~26日に株式会社大和ネクスト銀行によって行われ、1000名を対象に集計したものです。

聖地巡礼をしたいと思うアニメーション作品

1位『君の名は。』79票
2位『千と千尋の神隠し』30票
3位『となりのトトロ』23票
4位『けいおん!』11票
4位『天気の子』11票
6位『SLAM DUNK』8票
7位『耳をすませば』7票
7位『新世紀エヴァンゲリオン』7票
7位『名探偵コナン』7票
10位『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。/ラブライブ!』各5票


ジブリ情報配信中



関連記事