5月14日から香港文化博物館で、「スタジオジブリ・レイアウト展」が開催されます。
スタジオジブリと三鷹の森ジブリ美術館の協力のもと、康楽及文化事務署(LCSD)が主催するもの。LCSDは日本側との話し合いなど開催の準備に2~3年を費やしたという。展示されるのは『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』といった初期の作品から近年の『風立ちぬ』までの絵コンテや手書きの原画など1300枚余り。



今夏香港で上映予定の高畑勲監督の最新作『かぐや姫の物語』の原画も見られるという。入場料は一般20ドル、学生とシニアは10ドル。毎週水曜は半額になる。会期は8月31日まで。

宮崎駿監督作品集
『ルパン三世 カリオストロの城』から最新作『風立ちぬ』まで。
宮崎駿が監督として手掛けた映画11作品すべてがここに!

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中