「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」三重県総合博物館MieMu(みえむ)で開かれている特別展「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」の来場者が3万人を突破しました。
会場の三重県津市の県総合博物館では、3万人目となった四日市市の一家にジブリキャラクターのぬいぐるみなどが贈られました。



企画展では、近藤喜文さんが描いた原画やスケッチなどが約500点並べられています。
また、アニメーション制作で使われた机や道具なども併せて紹介されています。

記念すべき3万人目の来館者には、セレモニーでMieMuの大野館長から『魔女の宅急便』のジジのぬいぐるみが贈られました。

特別展「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」は、9月16日まで開催されています。


ジブリ情報配信中



関連記事