筆の里工房「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」広島県熊野町の筆の里工房で開催されている「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」の入場者数が24日に、1万人に達したことがわかりました。
1万人目は、広島市安佐南区から訪れた、6人連れの家族。館長代理から、スタジオジブリ作品のキャラクターの原画集やクリアファイルなどの記念品を贈られました。



同展は、近藤喜文さんが手掛けた原画やスケッチなど約660点を展示。8月28日まで開催されます。
これまでにも、新潟、香川、仙台、大阪などを巡回しており、好評を博しています。

この男がジブリを支えた。近藤喜文展
期間:2016年5月28日(土)~8月28日(日)
時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館:月曜日(祝日の場合翌日)
料金:大人1000円/小中高生250円
場所:広島・筆の里工房


ジブリ情報配信中