かぐや姫の物語第87回アカデミー賞の長編アニメ映画賞にノミネートされた高畑勲監督の『かぐや姫の物語』。昨年も『風立ちぬ』や『九十九』がノミネートされるなど、日本のアニメーションが世界で高い評価を受けていますが、受賞は『千と千尋の神隠し』以来ありません。『かぐや姫の物語』はアメリカの批評家たちにどのように見られているのでしょうか。



『かぐや姫の物語』芸術作品として高評価も苦戦か

『かぐや姫の物語』は、米批評家たちから「幻想的な傑作」「真の芸術作品」といった好評なレビューを獲得。高畑監督は、ディズニー&ピクサーのトップであるジョン・ラセターをはじめ、世界中のアニメーターが敬愛する宮崎駿監督と並ぶ日本アニメ界の巨匠として紹介され、同作は78歳にして生み出した最高傑作と評されている。オスカーに向けた賞レースでは、ロサンゼルス映画批評家協会賞にて最優秀アニメーション映画賞に輝いている。

アカデミー賞のノミネーションは、アカデミー協会の長編アニメ映画部門の会員、つまりアニメのプロによって決定される。今年であれば、候補作20本を観た会員が、各作品に10点満点の採点をつけ、合計点数の上位5本が選ばれる仕組みだ。『かぐや姫の物語』のノミネーションは、コンピューターアニメの技術や興行的成功とは別の次元で、手描きやストップモーションの作品を“芸術”として評価していることが伺える。

ただし、受賞予想においては現状、ゴールデングローブ賞、アニー賞を受賞した『ヒックとドラゴン2』と、ディズニー映画『ベイマックス』が有力候補とされている。『かぐや姫の物語』がそんな流れを覆すことができるか注目される。ちなみに、今年のノミネーションにおける最大のサプライズといわれているのは、長編アニメ映画賞から『LEGO ムービー』が漏れたことだ。

かぐや姫の物語 [Blu-ray]
「姫の犯した罪と罰。」 スタジオジブリが描く真実のかぐや姫
高畑勲監督が「竹取物語」を題材に、誰もが知る“かぐや姫”の筋書きはそのままに、かぐや姫の「心」を描いた劇場アニメ。かぐや姫がどうやって地球に生まれ月へ帰って行ったのか、姫の犯した罪とは何かなど、知られざる“真実”を映し出す。2枚組。

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事