ジブリ学術ライブラリーSPECIALから『池澤夏樹映像作品全集』が発売!

ジブリ学術ライブラリーSPECIAL 池澤夏樹映像作品全集ジブリ学術ライブラリーSPECIALから、『池澤夏樹映像作品全集』が発売されます。
鈴木敏夫プロデューサーが感銘を受けた、後世に残すべき”言葉”と”人”『池澤夏樹 映像作品全集』シリーズNHK編、ポレポレタイムス社編、TBS編の全9作品が、10月から来年2月にかけて続々とリリースされます。



ジブリ学術ライブラリーは、スタジオジブリが多くの人に観て欲しい、ソフトとして残すべき、と考える学術的な番組や作品を発売するレーベルです。

まず、10月16日(水)にはNHK編が発売され、「100年インタビュー 池澤夏樹」と「知るを楽しむ 私のこだわり人物伝 星野道夫 生命(いのち)へのまなざし 第4回 長い旅の途上」のカップリング、「日本をみつめよう ふるさとの塾 第3回 沖縄・なんぶ塾 島の豊かさに学ぶ」、「プレミアム8 TRAVEL 世界一番紀行 世界で一番南の村〜人類の旅路の果て プエルトトロ〜」、「知る楽 探究この世界 池澤夏樹の世界文学ワンダーランド」、「我々はどこへ行くのか 池澤夏樹とゴーギャン 文明への問いかけ」と「日曜美術館 大英博物館 人類史への旅」のカップリング、そして「池澤夏樹と世界の果て パタゴニア 冒険の旅」の計6タイトルとなります。


ジブリ情報配信中



関連記事



1 Comment

  1. 本記事と関係のないコメントになってしまいすみません。本日は午後3時から、3時間にわたって「なつぞら総集編」を観ていました。思えばこの半年間、ずっとこちらのブログをガイドブックのように拝読しながら、なつぞらを観ていました。セットで観続けた事で、ドラマが何倍にも楽しめたと思います。遅ればせながら御礼を言わせて頂きます。本当にありがとうございました。今日の総集編では、当然ながらテレビ画面にずっと台風被害の情報がL字型に表示されており、終盤の停電や天陽くんの畑の復興のシーンは、現実世界とのシンクロ率が高くリアムタイムで視聴した時以上の感慨がありました。今年京都アニメーションの事件があった事も含め、このドラマは本当に運命めいた不思議な力を持っていると感じました。156話を3時間にぎゅっと凝縮した総集編は、雪次郎や夕見子のエピソードを思い切って端折った事で、ドラマがなつのアニメーターとしての物語と兄妹再会の物語とに集約され、非常に見やすい作りになっていました。しかしながら、随所に盛り込まれていた古典アニメへのオマージュなどはカットされ、やはりダイジェストだけではこのドラマの深層は味わい尽くせないなと感じました。本ドラマがDVD化された際には、ぜひこちらのブログ記事をまとめたブックレットを付けてもらいたいくらいです(^ ^)。これからもたくさんのジブリ情報、期待しております☆

コメントを残す

ジブリ好き?

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

© 2019 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑