西村義明第37回PFF(ぴあフィルムフェスティバル)アワード2015の表彰式が9月24日に、東京都国立近代美術館フィルムセンターで行われました。
同映画祭は新しい才能の発見と育成、新しい映画の環境づくりを目的とした、自主映画のコンペティションをメインプログラムとしています。



スタジオジブリからは、西村義明プロデューサーが最終審査員として参加。「作品をつくっていきながら、『この人に見てもらいたい』という視点が生まれると思う」と参加者にエールをおくりました。

また西村さんは、自身について「アニメを作ります。ジブリに籍はある。来年、お話しします」と、現在もスタジオジブリに所属していることと、新作制作の意向があることを明かしました。


ジブリ情報配信中