ジブリの大じゃない博覧会愛知県美術館で「ジブリの“大じゃない”博覧会」が22日から始まるのを前に、昨日21日に内覧会が行われ、鈴木敏夫プロデューサーが開会式に出席しました。
本展覧会は、新型コロナの影響で多くのイベントが中止となる中、少しでも明るい話題をと急遽企画されました。



鈴木さんは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響についても言及しており、「コロナをどうしたらいいかは誰にも正解は分からない。僕は、そのヒントを出していくのが映画の役割じゃないかと考えます」と話しました。

ジブリの“大じゃない”博覧会

同展について、6~9月に名古屋市内で予定していた展覧会「ジブリの大博覧会」が新型コロナの影響で延期になったことから、愛知県のほうから「それでは切ないので何かやってくれないかと急きょ頼まれた」と経緯を明かし、「ところが、普通は制作期間は少なくとも1~3年かかるのに、1カ月でやってくれと言われた。これまでの作品のエッセンスを取り出して、倉庫にしまってあったもので準備するしかなかった」と開催までの苦労を語りました。

ジブリの“大じゃない”博覧会

展示では、『アーヤと魔女』の人形と、「ジブリパーク」の建築模型やスケッチなどの資料が公開されたほか、『千と千尋の神隠し』のコーナーには「鈴木敏夫とジブリ展」にも登場した巨大な湯婆婆と銭婆が、三鷹の森ジブリ美術館からは人気のネコバスが登場。また、ジブリ作品の名場面を背景に記念写真を撮ることも可能。宮崎駿監督が選んだ児童文学作品の直筆推薦文の展示もあり、歴代のジブリ関連の展示が集合する豪華なものとなっています。


ジブリ情報配信中



関連記事