となりのトトロ おもひでぽろぽろ韓国の「第20回釜山(プサン)国際映画祭」にて、「今年のアジア映画人賞」にスタジオジブリを選んだと発表しました。
「今年のアジア映画人賞」は毎年アジアの映画産業や、文化発展に寄与したアジアの映画人や団体に贈られる賞として知られています。



釜山国際映画祭はスタジオジブリの「今年のアジア映画人賞」受賞を記念し、映画祭の期間中に宮崎駿監督の『となりのトトロ』をオープンシネマセクションで、高畑勲監督の『おもひでぽろぽろ』をワイドアングルアニメーションショーケースセクションで上映します。

また「今年のアジア映画人賞」授賞式のイベントには、鈴木敏夫プロデューサーが出席する予定となっています。

第20回釜山国際映画祭は、10月1日から10日までの10日間、釜山一帯で開催されます。


ジブリ情報配信中



関連記事