宮崎駿の本宮崎駿監督の著作本をまとめました。宮崎監督といえば、『風の谷のナウシカ』や『紅の豚』といった原作マンガから、企画書、エッセイ、インタビュー、対談、講演をまとめた、『出発点』や『折り返し点』など、幅広い書籍が発売されています。
宮崎駿監督を追いかける参考にご活用ください。



アニメの世界

アニメの世界
おかだえみこ、鈴木伸一、高畑勲、宮崎駿、4名による共著。高畑勲の「人間を再発見する力」、宮崎駿の「ひそかに、公然と考えていること」が収録さrています。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

TREE

TREE
環境問題が人類の大きなテーマとなり、月刊「アニメージュ」にて連載された「The Tree」の単行本。
C・W・ニコルさんと宮崎駿監督の対談を掲載。カバーイラストと挿絵も、宮崎監督が描いています。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

TREE(文庫)

TREE(文庫)
89年刊の文庫版。ほぼ内容は同じ。イラストを大きく見たい場合は、単行本をおすすめです。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

時代の風音

時代の風音
「日本人」がどう育ち、どこへ行こうとしているのかを読み解く、堀田善衛×司馬遼太郎×宮崎駿の三者対談。装丁画を宮崎駿監督が描いています。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

何が映画か 「七人の侍」と「まあだだよ」をめぐって

何が映画か 「七人の侍」と「まあだだよ」をめぐって
93年5月に日本テレビで放映された「映画に恋して愛して生きて」と題した黒澤明・宮崎駿両監督の対談集。宮崎監督のインタビューも掲載。巨匠ふたりの映画にたいする熱い思いが伝わってくる一冊です。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

黒沢明、宮崎駿、北野武 日本の三人の演出家

黒沢明、宮崎駿、北野武 日本の三人の演出家
黒沢明、宮崎駿、北野武、日本の3人の演出家の全容をあらわにする長篇インタビュー集。3人の対談ではなく、それぞれ個別のインタビューです。
インタビュアーは、ロッキングオンの渋谷陽一さん。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

出発点 1979~1996

宮崎駿 出発点 1979~1996
宮崎駿監督の企画書・演出覚書・エッセイ、講演・対談等90本を収録。宮崎アニメの軌跡がわかります。読み応え抜群。宮崎ファンは買いですよ。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

時代の風音 (文庫)

堀田善衛、司馬遼太郎、宮崎駿の三人が語る「未来への教科書」。92年刊の文庫版。
こちらは、宮崎駿監督ののカバーイラストはありません。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

虫眼とアニ眼

虫眼とアニ眼
「虫眼」の人、 解剖学者養老孟司と、「アニ眼」の人、宮崎駿の3度にわたる対談集。
宮崎作品を通して自然と人間のことを考え、若者や子供への思いを語る。宮崎監督のカラーイラストも多数掲載されています。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡

風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡
12年間を費やして行なわれた5本のインタビューを完全ノーカット収録。雑誌「CUT」に掲載されたインタビューをまとめたものです。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

虫眼とアニ眼(文庫)

虫眼とアニ眼(文庫)
2002年刊の文庫版。単行本にはない宮崎駿による“あとがき”が収録されています。
個人的には、イラストが大きい分、単行本がおすすめです。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

折り返し点 1997~2008

折り返し点 1997~2008
『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』『崖の上のポニョ』までの企画書、エッセイ、インタビュー、対談、講演、直筆の手紙など60本余を一挙収録。『出発点』と並んで、宮崎駿監督を追いかけるのに欠かせない一冊です。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

本へのとびら 岩波少年文庫を語る

本へのとびら 岩波少年文庫を語る
宮崎駿監督が長年親しんできた岩波少年文庫の中から、おすすめの50冊を紹介。併せて、自らの読書体験、児童文学の挿絵の魅力、そして震災後の世界についてなど、宮崎監督の想いが語られています。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡(文庫)

風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡(文庫)
『風の谷のナウシカ』から『千と千尋の神隠し』まで、宮崎駿監督が自らの作品の背景や狙いはもちろん、文明論から歴史観に至るまで、徹底的に語り尽くした完全保存版インタビュー集。2002年刊の文庫版です。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

半藤一利と宮崎駿の腰ぬけ愛国談義

半藤一利と宮崎駿の腰ぬけ愛国談義
宮崎駿監督が「かねてからお目にかかりたかった」という昭和の語り部・半藤一利さん。
宮崎監督の『風立ちぬ』で描かれる昭和史をたどりつつ、日本の行く末について語ります。
7時間余にわたってくり広げられた対談が完全収録されています。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

続・風の帰る場所 映画監督・宮崎駿はいかに始まり、いかに幕を引いたのか

続・風の帰る場所 映画監督・宮崎駿はいかに始まり、いかに幕を引いたのか
『崖の上のポニョ』から『風立ちぬ』まで、ジブリ作品と変わりゆく時代、そして自分自身を語った4本のロング・インタビュー。初演出作品『未来少年コナン』と、長編監督デビュー以前のキャリアを語った2本も同時収録。宮崎駿監督のインタビュー集、第2弾です。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

マンガ

風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ
アニメーション雑誌「アニメージュ」に1982年2月号から、1994年3月号まで連載された『風の谷のナウシカ』原作漫画。
連載中に映画化が決定し、エコロジーブームと絡み合って社会現象にまでなった作品。全7巻です。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

豪華装丁本 風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ 豪華装丁本
原作漫画『風の谷のナウシカ』を全2巻として豪華装幀本化した愛蔵版のセット。本のサイズもA4判と大きく、雑誌掲載時の原稿を原寸で再現されています。
上質な紙が使用されているので、細部まで描き込まれた宮崎監督の絵が堪能できます。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

飛行艇時代 ポルコ・ロッソ「紅の豚」原作

飛行艇時代 ポルコ・ロッソ「紅の豚」原作
映画『紅の豚』の原作本です。原作版とアニメ版の徹底比較や、戦闘飛行艇戦史を、宮崎駿監督が語っています。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

宮崎駿の雑想ノート

宮崎駿の雑想ノート
アニメ制作の合間に、宮崎駿監督が「月刊モデルグラフィックス」で不定期連載していた、軍事関係のイラストエッセイ及び漫画が収録されています。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

宮崎駿の雑想ノート 増補改訂版

宮崎駿の雑想ノート 増補改訂版
92年刊行の増補版。『紅の豚』の原作漫画および宮崎駿監督のインタビューが新たに収録されています。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

泥まみれの虎 宮崎駿の妄想ノート

泥まみれの虎 宮崎駿の妄想ノート
第二次大戦のティーガー戦車のエース、オットー・カリウスに構想を得た作品の「妄想ノート」を公開。エストニア現地ルポ、語り下ろしインタビューなども収録。『雑想ノート』につづく、宮崎駿監督の趣味世界が広がっています。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

飛行艇時代 増補改訂版 映画『紅の豚』原作

飛行艇時代 増補改訂版 映画『紅の豚』原作
宮崎駿が映画『紅の豚』の制作に先駆けて描いたカラー漫画と、映画資料が掲載されています。登場する飛行艇たちの模型の再現や、飛行機博物館に展示中の水上機の写真、第一次大戦中の飛行艇の戦史なども収録。92年刊の増補改訂版。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

風立ちぬ 宮崎 駿の妄想カムバック

風立ちぬ 宮崎 駿の妄想カムバック
宮崎駿監督が「月刊モデルグラフィックス」で連載した、漫画版『風立ちぬ』。姉妹誌「スケールアヴィエーション」掲載記事も収録されています。本書だけでしか読めないコラムも楽しみのひとつです。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

イラスト・絵本

シュナの旅

シュナの旅
宮崎駿監督が描き下ろしたオールカラーの絵物語。1982年「アニメージュ」にて『風の谷のナウシカ』の連載を開始したのとほぼ同時期に描かれました。チベット民話に感銘を受け、「地味な企画」ということでアニメ化を断念し「自分なりの映像化」を行ったものが本作です。宮崎吾朗監督の『ゲド戦記』の原案にもなっています。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

宮崎駿 イメージボード集

宮崎駿 イメージボード集
宮崎駿のイメージボード集。 「少年マガジン」の特別別冊として、1983年3月に発行。
『もののけ姫』『となりのトトロ』『天空の城ラピュタ』等を連想させるイメージボードが収録されています。

≫Amazonで詳細を見る

宮崎駿・大塚康生の世界

宮崎駿・大塚康生の世界
昭和57年初版。オフィスアクション発行。アニメーター宮崎駿と大塚康生の作品を紹介する一冊。宮崎駿の幻の名作といわれた、イメージボードによる短編作品『妹へ』などが収録されています。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

となりのトトロ

となりのトトロ
『となりのトトロ』の世界を、中川李枝子の詩と宮崎駿のイラストでつづったポエム絵本です。中川さんのリズミカルな言葉と、宮崎監督の柔らかな水彩画がマッチした、もうひとつの「トトロ」の世界ですね。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

元気になれそう 映画『魔女の宅急便』より

元気になれそう 映画『魔女の宅急便』より
『魔女の宅急便』の映画化にあたり、宮崎駿監督が書いた詩と、近藤勝也さん、大塚伸治さん、近藤喜文さんのイメージボードが掲載されています。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

トトロの住む家

トトロの住む家
宮崎駿監督が、トトロが喜んで住みそうな昭和の面影が残る「懐かしい家」を訪ね歩いて、絵と文で綴ったイラスト・エッセイ集です。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

時には昔の話を

時には昔の話を
『紅の豚』のエンディング用に宮崎駿が描いたイラストと、そのシーンに流れる加藤登紀子さんの詩「時には昔の話を」を掲載。二人の対談も収録されていて、大人も楽しめるポエム画集です。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

もののけ姫

もののけ姫
宮崎駿監督が1980年に描いた、『もののけ姫』のストーリーボードです。映画化された『もののけ姫』とは、まったくの別モノです。
後の『となりのトトロ』や、『もののけ姫』でこのときのアイデアが使用されたりしています。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

風の谷のナウシカ 宮崎駿水彩画集

風の谷のナウシカ 宮崎駿水彩画集
宮崎駿監督が『風の谷のナウシカ』のために描いた全水彩画330点をまとめた画集。水彩で描かれた原作コミックス用イラスト、映画用イメージボード、直筆の色紙、連載休載時のお詫びイラストなど『風の谷のナウシカ』に関するあらゆるイラストが収録されています。
また、ナウシカ以前に企画していた作品のイメージボードも多数収められています。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

トトロの住む家 増補改訂版

トトロの住む家 増補改訂版
1991年に刊行された増補改訂版です。宮崎駿監督がデザインした公園「Aさんの庭」のイメージボード5枚と共に写真、インタビューなどが追加収録されました。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

幻の「長くつ下のピッピ」

幻の「長くつ下のピッピ」
若かりし高畑勲・宮崎駿がアニメーション化の企画をした、『長くつ下ピッピ』を特集したもの。1971年当時の高畑勲監督の字コンテ、宮崎駿監督ののイメージボード、小田部羊一さんのキャラクターデザインなどが収録されています。
当時を振り返るロングインタビューとともに、実現できなかった『ピッピ』のシナリオ案が公開されています。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

トトロの生まれたところ

トトロの生まれたところ
『となりのトトロ』の舞台となった所沢を特集しています。宮崎駿監督の奥さま、宮崎朱美さんが所沢で描いたスケッチ日記と、宮崎駿監督によるトトロのイメージボードに、所沢への思いを語ったインタビューが掲載されています。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

宮崎駿の本 一覧


ジブリ情報配信中



関連記事