宮崎吾朗日本建築学会の子ども教育支援建築会議は設立から3年目を迎え、6月16日(火)には第3回目となる全体会議とシンポジウム「子ども教育支援のプラットフォーム構築を考える」を開催されます。
同シンポジウムの対談では、宮崎吾朗監督が招待され、「子どもと住まい・まちの文化」について語る予定となっています。



子ども教育支援のプラットフォーム構築を考える
-子どものための建築・まちづくり教育のこれから-

日程:2015年6月16日(火)
時間:10:00~16:30
場所:東京・建築会館ホール
参加:無料(申込み必要)


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事