第20回釜山国際映画祭韓国で10月1日、第20回釜山国際映画祭が釜山市で開幕しました。
BIFFの愛称で知られアジア最大規模の映画祭である釜山映画祭。開幕式の司会は、韓国を代表する演技派俳優ソン・ガンホと、アフガニスタンの女優マリナ・ゴフバハーリが務めました。



セレモニーでは、アジアを代表する映画製作者に贈られる「アジアン・フィルムメイカー・オブ・ジ・イヤー」としてスタジオジブリが受賞しています。
鈴木敏夫プロデューサーは作務衣姿で賞を受け取り、「3つ感謝したい」と、ジブリ30周年の節目に栄誉ある賞を授与されたこと、日韓国交正常化50周年の記念すべき年にBIFFに参加できたこと、韓国でジブリ作品を有名にしてくれた恩人の存在を挙げ謝辞を述べると、大きな拍手がわき上がりました。


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事