ジブリキャラ モデル

ジブリ作品には、様々なキャラクターが登場しますが、キャラクター作りにおいて、まったくの想像で作られることもあれば、モデルが存在することもあります。
その中から、モデルが明らかになっているキャラクターをご紹介します。



『天空の城ラピュタ』ポム爺さん

ジブリキャラ モデル ポム爺さん
ポム爺さんは、宮崎駿監督と仲の良かったアニメーターの森康二さんと、近藤喜文さんの二人がモデルとなっています。
宮崎駿監督は、二人を足して2で割ったと話しています。
ポム爺さんのキャラクター設定を「ポムは人前で内気で喋れない。世の中で生きて行くのがヘタだけれど、なにか大事なことに気付く人」と話しており、そういった内面的な意味合いで、参考にしているものと思われます。
写真右が近藤喜文さんで、真ん中が森康二さんです。

『天空の城ラピュタ』ドーラ

ジブリキャラ モデル ドーラ
ドーラには、宮崎駿監督の母親である、宮崎美子さんが投影されています。風貌は全然違いますが精神的な強さは、ドーラのようだったそうです。
その他、『となりのトトロ』の草壁ヤス子や、『崖の上のポニョ』のトキさんなど、身体を悪くして自由に動けなかった母親の姿が投影されています。

『となりのトトロ』メイ

ジブリキャラ モデル メイ
メイは、宮崎駿監督の姪っ子がモデルです。
このエピソードについては、こちらの記事をご覧ください。

『魔女の宅急便』ウルスラ

ジブリキャラ モデル ウルスラ
ウルスラは、今井美樹さんがモデルとなっています。
ひとりで奔放にやっている女性のイメージが、ウルスラに近かったそうです。

『おもひでぽろぽろ』大人のタエ子

ジブリキャラ モデル タエ子
27歳の大人になったタエ子のキャラクターデザインは、声優を務めた今井美樹さんがモデルです。今井さんは、ウルスラに続いて、2作連続ジブリ作品のモデルになっています。
喋るときの表情や、口の動きなども作画の参考にされました。

『おもひでぽろぽろ』トシオ

ジブリキャラ モデル トシオ
トシオのキャラクターデザインは、声優を務めた柳葉敏郎さんがモデルとなっています。
こちらも喋るときの表情や、口の動きなども作画の参考にされました。

『平成狸合戦ぽんぽこ』タヌキたち

ジブリキャラ モデル タヌキ
本作に登場するタヌキたちは、高畑勲監督が東映動画で過ごしたときの同僚がモデルとなっています。こちらは、キャラクター造形よりも性格面で投影されているようです。
主なキャラクターでいうと、正吉が高畑勲監督で、おキヨさんが高畑監督の奥さま。権太が宮崎駿監督で、お玉が奥さまの朱美さんです。

『耳をすませば』西司朗

ジブリキャラ モデル 西
西司朗が登場する際の絵コンテには、「笠智衆の西」と書かれているため、俳優の笠智衆さんが参考にされたものと思われます。

『千と千尋の神隠し』千尋

ジブリキャラ モデル 千尋
千尋は、本作の制作時に日本テレビプロデューサーだった奥田誠司さんの娘・千晶さんがモデルとなっています。
映画終盤で描かれた、川で靴を失くしたエピソードなども、千晶さんが川遊びをしていた際の実話が参考にされました。

『千と千尋の神隠し』お父さん

ジブリキャラ モデル 千尋の父
千尋の父・荻野明夫は、当時日本テレビプロデューサーだった奥田誠司さんがモデルとなっています。
容姿が参考にされているほか、少し荒い車の運転や、食べ方なども参考にされています。

『千と千尋の神隠し』お母さん

ジブリキャラ モデル 千尋の母
千尋の母・荻野悠子は、ジブリ出版部に勤務していた女性がモデルになっています。

『ハウルの動く城』荒地の魔女

ジブリキャラ モデル 荒地の魔女
宮崎駿監督は、作画の段階から荒地の魔女を美輪明宏さんに演じてもらうことを考えていたため、風貌から雰囲気まで美輪さんに寄せたキャラクターとなりました。
宮崎監督は、何度も描き直したそうですが、美輪さんの顔になってしまったと、ご本人に伝えています。美輪さんは、荒地の魔女を演じた感想を求められると、「鏡を見ているようなものですから」と話しました。

『ハウルの動く城』ヒン

ジブリキャラ モデル ヒン
映画公開時から、ヒンは押井守監督がモデルではないかと言われていたキャラクターです。
長らく憶測の域を超えませんでしたが、2021年にスタジオジブリの公式Twitterにて、鈴木敏夫さんがヒンは押井守監督をモデルにしていたことを明かしています。

『ゲド戦記』王妃

ジブリキャラ モデル 王妃
王妃のキャラクターデザインは、女優のローレン・バコールがモデルとなっています。
作画を担当した山下明彦さんは「冷たいだけの女性にならないよう、バランスをとるのが難しかった」と語っています。
ちなみに、ローレン・バコールは、英語版『ハウルの動く城』で荒地の魔女の声を担当しています。

『ゲド戦記』クモ

ジブリキャラ モデル クモ
クモの風貌は、スタジオジブリの女性スタッフがモデルです。
本人曰く、クモのモデルと知ったときは心外だったと語っています。クモの性別は男ですし。

『崖の上のポニョ』ポニョ

ジブリキャラ モデル ポニョ
ポニョは、本作の制作時にスタジオに遊びにきたスタッフの子供が投影されています。
コチラの様子は、ドキュメンタリー『ポニョはこうして生まれた。』にて確認できます。

『崖の上のポニョ』宗介

ジブリキャラ モデル
宗介は、子供の頃の宮崎吾朗監督や、ジブリのスタッフや、スタッフの子供など、いろいろな人物が投影されています。

『コクリコ坂から』徳丸理事長

ジブリキャラ モデル 徳丸理事長
徳丸理事長は、徳間書店の初代社長だった徳間康快さんがモデルとなっています。
徳間社長の追悼の意味が込められており、キャラクターの風貌から喋り方まで参考にされています。

『風立ちぬ』カストルプ

ジブリキャラ モデル カストルプ
カストルプのキャラクターデザインは、スタジオジブリの海外事業部にいたスティーブン・アルパートさんがモデルとなっています。
カストルプの声も、アルパートさん自身が担当しました。
このエピソードの詳細は、こちらの記事をご覧ください。

『風立ちぬ』黒川夫人

ジブリキャラ モデル 黒川夫人
黒川夫人は、お絹さんやほかの女中と似た顔にならないように、つり目にデザインされました。
女優の山田五十鈴さんのイメージでキャラクターデザインしたと、作画監督の高坂希太郎さんは語っています。

番外編
『となりのトトロ』トトロ

ジブリキャラ モデル トトロ

ここからは、番外編です。

トトロは、宮崎駿監督自身がモデルではないかと言われています。
元々、トトロは宮沢賢治の『どんぐりと山猫』に登場したヤマネコにイメージの源泉がありますが、その風貌には宮崎監督が投影されているものと思われます。

以前、『となりのトトロ』の作画監督を務めた、佐藤好春さんにトトロのモデルを訊ねたことがありますが、「宮崎監督だと思うよ。そっくりだもん」とおっしゃっていました。宮崎監督が、ニッと笑ったときの顔が、トトロの口そのものだとか。これは、スタッフ間では有名な話だったようです。
ネコバスも宮崎監督がモデルと思われます。

『となりのトトロ』草壁タツオ

ジブリキャラ モデル 荒地の魔女
サツキとメイのお父さん・草壁タツオは、考古学者という設定があります。
そういった設定から、ファンの間では、考古学者の藤森栄一さんがモデルではないかと言われています。
宮崎駿監督も、藤森さんの縄文農耕論に深く影響を受けたことを自著で語っていることから、モデルの可能性は充分あり得そうですが、それを裏付ける資料はありません。

『紅の豚』ジーナ

ジブリキャラ モデル ジーナ
ジーナは、ファンの間では女優のジーナ・ロロブリジーダがモデルではないかと言われています。
名前も同じで、確かによく似ていますが、それを裏付ける資料が一切ないため、実際にモデルにされたかどうかは不明です。

ジーナの声優を務めた加藤登紀子さんは、ジーナのモデルはマレーネ・ディートリヒではないかと考え、宮崎駿監督にモデルが誰なのか訊ねたことがあります。
しかし、「さぁ、どうでしょう? ご想像にお任せします」と笑顔で返されたそうです。
加藤さんがきいても答えないことを考えると、今後宮崎監督から明かされることはないかもしれませんね。

『千と千尋の神隠し』カオナシ

ジブリキャラ モデル カオナシ
カオナシは米林宏昌監督がモデルという情報が広まっていますが、あれは後付けによるものです。
元々、米林監督をモデルに描いたわけではなく、たまたま顔が似ていたため、宮崎監督が「麻呂にそっくりじゃないか」と言ったことから、カオナシ=米林監督という話が広まっていきました。


ジブリ情報配信中