Poki ポキ マンホール宮崎駿監督がデザインした三鷹市のマスコットキャラクター「Poki」が、マンホールとなって三鷹市内に設置されました。
このたび設置されたのは、全部で10箇所で、三鷹駅からジブリ美術館に行く際に通る玉川上水沿いの「風の散歩道」には、5つのマンホールが集中して設置されています。



このキャラクターは、2001年に三鷹の森ジブリ美術館の開館を記念して、宮崎監督が描いたもので、「Poki(ポキ)」という名前は公募によって命名されました。三鷹の森に棲息し、「ポキポキ」と小枝を折るような鳴き声が特徴なのだとか。

今回、「風の散歩道」にあるPokiマンホールの写真を撮ってきたので、ご紹介します。

たかじょうくん

たかじょうくん マンホール

ちなみに、今回、外国人向け三鷹市PRキャラクターの「たかじょうくん」がデザインされたマンホールも、三鷹市内に2つ設置されていて、そのうちの一つは三鷹駅のロータリー付近にあります。しかし、このキャラは、宮崎駿監督のデザインではありません。

たかじょうくん マンホール

一つ目

Poki ポキ マンホール
一つ目のPokiマンホールは、三鷹駅からすぐそばの玉川上水沿いの歩道にあります。

二つ目

Poki ポキ マンホール
二つ目は、玉川上水沿いの「むらさき橋」の少し手前にあります。

三つ目

Poki ポキ マンホール
三つ目は、むらさき橋を渡ったすぐの歩道にあります。川沿いの細い歩道とは反対側の、ジブリ美術館の案内看板があるそばです。

Poki ポキ マンホール

四つ目

Poki ポキ マンホール
四つ目は、三つ目のすぐそばの川沿い側の歩道にあります。

五つ目

Poki ポキ マンホール
最後の五つ目は、万助橋のちょっと手前。川沿いの歩道にあります。ジブリ美術館のある吉祥寺通りに出る、少し手前です。

以上

三鷹の森ジブリ美術館
「風の散歩道」に設置された、Pokiのマンホールでした。三鷹駅からジブリ美術館に行く際には、Pokiを探してみてはいかがでしょうか。

この他にも、三鷹市内には、「下連雀みなみ児童遊園付近」「大沢宿児童遊園付近」「都営深大寺アパート前付近」「三鷹中央防災公園付近」「三鷹新川浄水所付近」と、五つのPokiのマンホールが設置されています。三鷹市近郊に住んでいる方は、こちらも探して、Pokiをコンプリートしても良いかもしれないですね。


ジブリ情報配信中



関連記事