ハウルの動く城『ハウルの動く城』の豆知識情報を、すこしまとめました。
映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。
ハウルに関しては、宮崎監督による公式な解説などは一切ないので、インタビューやガイドブック、原作小説などの情報をもとに、当方が勝手な解釈でまとめたものです。
見方によって、また別の解釈も、たくさんあると思うので、参考程度にどうぞ。



Heart

ハウルが、女性の心臓を奪うというのは、心を奪うという意味。
英語では、心臓と心のどちらも”Heart”であり、言葉を掛けてある。

 
 
 

ハウルが移り気な男のわけ

ハウルが女性の心を奪うのは、カルシファーとの契約のため。
死ぬ運命にあったカルシファーの命を、ハウルは自分の心(心臓)を、カルシファーに預けるというかたちで助ける。
そのため、心を無くしたハウルは、空虚感を埋めるために、女性の心を奪い続けている。

 

魔力を持っているソフィー

原作小説では、ソフィーは魔法の力を持っている。
映画では、その設定は残してあるけれど、説明が意図的に省かれていて、論理的にストーリィを読み解こうとすると、理解できなくなってしまう。

これは、宮崎駿監督が、ハウルについてのイタンビューで、
説明するための映画は作らないと決めた以上、俺は説明しない!っていうことでやったら、やっぱり半分ぐらいの人はわからないみたいなんですよね。これはきわめて不愉快な現実でしたね。」と語っていることから、意図してのこと。

魔法使いの設定を残しながら、その説明を省くことで、何を際立てたかったのか。
これは、おそらく、言葉の力や、意思表現のたいせつさ。

 

当初『ハウルの動く城』の監督は細田守の予定だった

ハウルの動く城 細田守の絵コンテ
若手の育成を模索していたスタジオジブリから、細田守に声が掛かり、『ハウルの動く城』の監督に抜擢されていた。
企画は動き出し、絵コンテを描き制作スタッフを集めるも、諸事情によって細田守版『ハウルの動く城』は制作中止となる。
後に再開されたものの、『ハウルの動く城』を宮崎駿が監督・脚本を務めたのは、皆さんもご存じのとおり。

細田守とスタジオジブリの関係

 
 

ソフィーが年を取ったり若返ったりする理由

ソフィーが、年老いたり若返ったりするのは、心の内を表しているため。
原作によると、ソフィーは小さな魔力を持っている。彼女の言葉が、そのまま実現してしまうという魔法。
自己否定の強い彼女自身が、老婆になることを望んでしまったために、荒地の魔女に呪いを掛けられてしまう。自己暗示によって年を取ったようなもの。
そのため、眠ったときや、素直な気持ちで行動しているときは、自己暗示が解かれて、若返っている。
言葉の力、意思のたいせつさを描いていると思われる。

『ハウルの動く城』ヒロイン・ソフィーが老婆になったり若返ったりする理由

 



 

ヒンのモデルは押井守?

犬の「ヒン」は、押井守監督がモデルと思われる。
原作で、ヒンは国王の弟のジャスティン殿下が、呪いによって犬にされている。
そのため、宮崎駿監督のイメージボードでも、初期のものは、若干人間よりの顔をした、高貴な顔のヒン描かれている。
しかし、映画では、押井守似のヒンとなって登場。なぜ、ヒンが押井守になったのか、詳細は不明だけれど、宮崎監督のなかで、犬を描くにあたって思うところがあったものと思われる。

『ハウルの動く城』ヒンのモデルになったのは押井守監督?

 

少年時代のハウルを描いた作品がある

星をかった日
ジブリ美術館で上映されている『星をかった日』は、ハウルの少年時代と若くて美しい荒地の魔女を描いている。

『ハウルの動く城』サイドストーリー 少年時代のハウルと、若き日の荒地の魔女を描いた『星をかった日』

 

「ハウルの動く城」万年カレンダー
「ハウルの動く城」を忠実にリアルに再現した、今にも動き出しそうな迫力あるカレンダー。 毎日コマを動かしてお使いください。
誕生日や結婚記念日など大切な日付けに固定して、メモリアルインテリアとしてもお楽しみいただけます。

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事