スタジオジブリ

現在、スタジオジブリは宮崎駿監督の新作『君たちはどう生きるか』を制作していて、その次の企画も決定していますが、さらにその後となると、アニメーションを作り続けるのかどうか、不透明な状態にあります。

宮崎吾朗監督の話によると、ジブリパーク開業の理由もスタジオジブリ作品が消えないようにするため、という旨の事を言っていたので、もしかしたら今後のスタジオジブリはアニメーション制作を辞めてしまう可能性もあります。



しかし、スタジオジブリで育ち、その後もアニメーションを制作している演出家の皆さんがいます。
言ってみれば、スタジオジブリで映画作りを学んだ、創作遺伝子の継承者ではないでしょうか。

スタジオジブリ

常々、鈴木敏夫さんは、スタジオの存続には拘っていなくて、ジブリで学んだ人が外に出て活躍してくれれば良いと言っていました。

そこで、スタジオジブリが長編作りを辞めたとしても、迷子にならないように、スタジオジブリ出身のアニメーション演出家の皆さんをご紹介します。

庵野秀明監督

庵野秀明監督は、アニメーターとして『風の谷のナウシカ』と『火垂るの墓』に参加しています。
庵野監督をジブリ出身と数えられるのか、ちょっと難しい判断ですけども、アニメーターとして『風の谷のナウシカ』でキャリアを積み始めたことや、ご自身で宮崎駿監督の弟子と公言していることから、ジブリ出身者としてカウントしました。
言わずと知れた『エヴァンゲリオン』の監督で、スタジオカラーの代表取締役社長です。

百瀬義行監督

百瀬義行監督は、『火垂るの墓』で作画監督補を務め、『おもひでぽろぽろ』では場面設計・絵コンテ、『となりの山田くん』では場面構成・絵コンテと、主に高畑作品を中心に活躍しました。
スタジオジブリのテレビ作品『ギブリーズ』や、劇場作品『ギブリーズ episode2』では、監督も担当しました。
ジブリ以外では、スタジポノックの短編で『サムライエッグ』や、オリンピック用の短編ムービー『Tomorrow’s Leaves』を監督。長編作品では、『二ノ国』、『屋根裏のラジャー』で監督を務めています。

安藤雅司監督

安藤雅司監督は、スタジオジブリには研修生の二期生として入社し、『On Your Mark』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』で作画監督を務めました。ジブリ退社後は、今 敏監督作品『東京ゴッドファーザーズ』『パプリカ』、沖浦啓之監督作品『ももへの手紙』、新海誠監督作品『君の名は。』でも作画監督を担当しています。『思い出のマーニー』では、作監としてジブリに帰って来ました。宮崎駿監督からも一目置かれる、天才アニメーターとして知られています。
Production I.Gの『鹿の王 ユナと約束の旅』で監督デビューを果たしました。

宮地昌幸監督

宮地昌幸監督は、1999年にスタジオジブリに入社。同年公開の『ホーホケキョ となりの山田くん』で制作進行を担当。2001年公開の『千と千尋の神隠し』と、ジブリ美術館の短編作品『めいとこねこバス』で監督助手を務めたあと独立。映画『伏 鉄砲娘の捕物帳』で劇場作品を初監督。Production I.Gの『鹿の王 ユナと約束の旅』では、安藤雅司監督とともに監督を担当しました。

高坂希太郎監督

高坂希太郎監督は、学生時代に観た『未来少年コナン』に惹かれてアニメーターになっています。
ジブリ作品には、『風の谷のナウシカ』から参加。『耳をすませば』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』『コクリコ坂から』『風立ち』と、数々の作品で作画監督を担当しました。
ジブリ以外では、『茄子 アンダルシアの夏』『茄子 スーツケースの渡り鳥』『若おかみは小学生!』で監督を務めています。『若おかみ』制作において、『千と千尋の神隠し』の影響があったことを明かしています。

山下明彦監督

山下明彦監督は、『千と千尋の神隠し』からジブリ作品に参加。以後、数々のジブリ作品で作画監督を担当します。
『ゲド戦記』では、作画演出という形で監督の絵コンテの整理や、レイアウトチェックの確認を担当。『風立ちぬ』では、アニメーターとして最多となる原画を手がけています。三鷹の森ジブリ美術館の短編作品、『ちゅうずもう』で初監督を務めました。
スタジオポノック制作のオムニバス作品『ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間』の一編として、『透明人間』を監督。本作で第22回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞を受賞しています。

米林宏昌監督

米林宏昌監督は、スタジオジブリに入社後アニメーターとして活躍。まったく演出経験がありませんでしたが、宮崎吾朗監督の推薦により長編監督に抜擢され、『借りぐらしのアリエッティ』で監督デビューを果たしました。2014年には長編2作目となる『思い出のマーニー』を監督。ジブリの次世代エースと高畑監督から祝福されましたが、ジブリの制作部解体に伴い退社。西村義明プロデューサーと共に、スタジオポノックを設立しました。

高橋敦史監督

高橋敦史監督は、『ホーホケキョとなりの山田くん』で制作進行を担当。『千と千尋の神隠し』では監督助手を務めました。
その後、今 敏監督作品『妄想代理人』や、高坂希太郎監督作品『茄子 アンダルシアの夏』『茄子 スーツケースの渡り鳥』では演出を担当。『ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険 』『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』などで監督を務めています。

新井陽次郎監督

新井陽次郎監督は、2008年にスタジオジブリに入社。『借りぐらしのアリエッティ』『コクリコ坂から』『風立ちぬ』に動画として参加。2012年にスタジオコロリドに移籍し、『陽なたのアオシグレ』でキャラクターデザイン・作画監督を担当。2015年『台風のノルダ』で初監督を務め、第19回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞を受賞しました。


ジブリ情報配信中