6月18日に「ルパン三世 カリオストロの城」から「風立ちぬ」まで、宮崎駿監督作品11タイトルを集めたBlu-ray/DVD-BOX『宮崎駿監督作品集』が発売されることに合わせて、AV Watchリサーチにて、「11タイトルの中で、一番好きな作品」のアンケートが行なわれました。



トップは「天空の城ラピュタ」で243票、2位の「カリオストロの城」(131票)と比べ、2倍近い票を集め、ぶっちぎりの首位。「恋、お宝、冒険、成長。エンターテイメントの王道全てが詰まっているから!」、「冒険活劇の王道」など、ワクワクする王道冒険活劇である事を理由に挙げる人が大半。「ダントツ。完成されている。」と、完成度の高さを評価する声も。中には「世界最高傑作」というコメントも寄せられた。

2位の「ルパン三世 カリオストロの城 」については、「この中では大人の鑑賞に堪えられる唯一の作品だと思う」、「宮崎アニメでは大人な内容」といった評価が多い。「声優さんが素晴らしい。やっぱり、アニメはプロの声優を使って欲しい」、「おちゃらけたキャラクターなはずなのに、しゃべる台詞がかっこよく何度見ても感動する」といった、セリフやキャラクターの描き方に痺れた人も。

3位は「紅の豚」(87票)と、「風の谷のナウシカ」(84票)が接戦。「紅の豚」は、「ポルコの生き方にあこがれる」、「ノスタルジックなプロットと、ポルコの粋な生き方」、「体型に親近感がある」など、主人公ポルコ・ロッソのキャラクターや生き様に惚れた人のコメントが多数。「ナウシカ」は、環境をテーマにした部分や、世界観に衝撃を受けたというコメントが寄せられた。

長編アニメ最後の作品となる「風立ちぬ」(19票)については、「最高傑作です」、「集大成に相応しい甘美な映像と物語でした」と絶賛のコメントも。一方で、「ハウルの動く城」(2票)と「崖の上のポニョ」(1票)は低い得票数となった。

宮崎駿監督作品集
『ルパン三世 カリオストロの城』から最新作『風立ちぬ』まで。
宮崎駿が監督として手掛けた映画11作品すべてがここに!

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事