「宮崎駿プロデューサー×押井守監督」で作る予定だったスタジオジブリ作品『アンカー』

押井守 宮崎駿押井守監督が、スタジオジブリで監督を務める予定だった作品があります。
近年では、宮崎駿作品が公開される度に辛辣な批評をしており、ライバル関係のようになっている押井監督。しかし、ふたりが知り合った当初は、才能を認め合う仲で、一緒に企画を立てたりしていました。その企画の一つが、『アンカー』という作品です。



初対面は軽い人、佳境に入ると容赦ない人。

押井守監督が、宮崎駿監督と出会ったのは1983年。アニメージュの対談で初めて会ったと言います。押井監督は、そのときの印象を、1995年に発売された「キネマ旬報 臨時増刊7月16日号」で語っています。

キネマ旬報 臨時増刊7月16日号 宮崎駿、高畑勲とスタジオジブリのアニメーションたち

押井:
僕が宮さんを知ったのは『未来少年コナン』からです。竜の子プロに演出で入った頃オンエアされてたので、かなりショックを受けました。いずれ会うだろうなという気はしてたんですが、思ったより早かったんで、かなり緊張してたんです。
最初の印象はとにかく軽い人だなと。ただ話が佳境に入ってくると容赦のない人間で、酷いことを随分言われましたよ(笑)。だから最後はコノヤローという印象で終ったんです。
とにかく恐ろしくエネルギッシュな人間で、自分に似てるかなと思ったのは非常に攻撃的でよく喋ること。高畑さんもそうなんですけど、とにかく相手よりいっぱい喋ったほうが勝ちという感じ。喋る時に雑談はないんですよ、いちいち説得しようと思ってるわけです(笑)。

(中略)

一緒に仕事をするという話もあったんです。『天使のたまご』の後だったかな、ジブリの企画の『アンカー』という作品で、確か宮さんがプロデューサーで僕が監督、高畑さんもプロデュースで付くということで。三人でこもって一応プロットまで作ったんですが、一晩大喧嘩になりまして、決裂してやめちゃったんです。

東京版ダ・ヴィンチ・コードの『アンカー』

スタジオジブリで押井守監督によって作られるはずだった『アンカー』とは、どのような映画だったのでしょうか。
この企画の詳細について、ラジオ「押井守の世界 シネマシネマ」の中で語られました。
対談相手は、当時、押井守監督作『スカイ・クロラ』のプロデューサーを務めていた、石井朋彦さんです。石井さんは、スタジオジブリの元社員で、現在はプロダクションI・Gに所属しています。

石井:
鈴木敏夫という人が、自分は宮さんと高畑さんは、どちらかというと共同事業者であって、同じスタジオを経営していく仕事仲間だ、と。だけど、自分の友人と言えるのは、実は押井さんなんだよ、っていうことを、ぼくが鈴木の下になったときから言い続けてたんで、個人的にちょっと違った関係なんだなということを、感じていたんですよね。
で、あるとき実は、映画について、今何を作るべきかということを語る仲間として、これほど話があった男はいなかったんで、ずっと押井さんと映画を作りたい作りたいと思いながら、ここまで来ちゃったんだよね、ということを言ってましたね。

押井:
何度かあったことはあったんだよね。そういう企画が持ち上がっては潰れっていう。ぼくが覚えてるのは、2回かな。最初は、『アンカー』って企画で。元々、宮さんが言いだした企画で。企画としては、たいへん面白いと思った。
どうせやることもないから、多少しゃべっちゃうと、なんだかわからないお姫様みたいな不思議な女の子が、何者かに追いかけられてて、この女の子を逃がさなきゃいけない。安全なところまで送り届けるっていうね。偶然、それに出会っちゃった男の子が、さまざまな冒険をせざるを得なくなって、縦横無尽の大活躍の末に、その女の子をあるところに送り届けるっていう。それから違う人間が、その女の子を引き続き守って、次のところに送り届けるっていうさ。リレーみたいな話なんだよね。東京を舞台にして。今の東京という、非常に制限された舞台のなかで、どうやって冒険を演出的に作り出すかっていうさ。宮さんらしい企画ではあったの。
ぼくは当時、東京に興味があったころで、『パトレイバー』とか準備中だったのか、やってたのか、もう覚えてないけど。で、都市論とか、東京にまだ興味があったころで、いろんなアイディアが咄嗟にいっぱい出てきて。マンホールの蓋って、いろんなパターンがあるけど、あれ実は暗号になってるんじゃないか、とかね。あと、銭湯っていうのは、たいへんに面白い世界で、銭湯をいかにうまく使うかとか、地下鉄でやるとかね。東京なら東京っていう、都市的な環境の中で、いかにアクションを含めた……アクションだけじゃなくて。宮さんだと、どうしても走り回るっていうさ。あの人は、ブロック塀の上を走り回ったりとかね、屋根の上を次から次へとか、そういうことを考えてたみたいだけど。
ぼくは、一種そういうような謎っていうかね、暗号に包まれた街として再構成するっていうさ。蕎麦屋の「のれん」っていうのはさ、どういう系列でなぜマス絵が多いのかとか、そういうことに興味を持つわけで。そういう謎が、次々にあぶり出されてくるっていう。ダ・ヴィンチ・コードみたいな。

石井:
東京版ダ・ヴィンチ・コードですね。

押井:
それが上手くアクションと組み合わされば、面白い映画になるのかなって、乗ったんですよ。実際に、宮さんの八ヶ岳の別荘で、第一回目のブレストをやって。そのときにいたのが、ぼくと、宮さんと、高畑さんと、鈴木敏夫。確か、吾朗君もいたような気がするんだよね。

石井:
そうなんですよね。実は、『ゲド戦記』の監督、宮崎吾朗はランニングシャツを着てね。当時は、美少年だったって、宮崎吾朗は言ってましたけど。

押井:
とにかく、一晩ブレストやって。ぼくは、参考にいろんなビデオ持って行ったの。そのとき持って行ったのが、唐十郎が脚本を書いた、『安寿子の靴』っていうね。迷子の女の子を、中学生の男の子が……大鶴義丹なんだけど、連れて逃げ回っちゃう話なんだよね。これ参考になるかなと思って、持って行ったの。
これ、今でも覚えてるんだけど、それを観て、吾朗君だと思うんだけど、甚く感動したらしくて。で、宮さんに「これ、次はいつ出るの?」って。実は、単発ものだったんだけどさ。これ、宮さん、ショック受けたらしいんだよね。宮さんは、お気に召さなかったらしいの。唐十郎だからさ。
高畑さんは、えらく感心してた。この『安寿子の靴』っていう、NHKが作ったテレビドラマなんだけど、どこが良いんだろうって話になったの。これで、ぼくと高畑さんが喧嘩になっちゃって。怒鳴りまくりになっちゃったんだよね。

石井:
まあ、いつもそうですよね。

押井:
うん。あの人も、自分の自説を絶対に曲げない人で、最後はやっぱり恫喝になるんだよね。「黙れ!」になっちゃうわけだよね。「なんで黙んなきゃいけないんだ」って。そういうふうなとこで、最後は宮さんが、結局この女の子を送り届ける少年って、どういうイメージなんだろうって。ぼくは、予備校生が良いって言ったんだよね。一人じゃなくて、四人組にしましょうって。四人が協力して、次から次へと申し送りにしていくっていう。そのほうが、コンセプトが明快に出るから。リレーしていくっていうね。最後に、女の子を送り届けたときに、自動販売機でコーラを……そのときはお金がなくて、1本しか買えないっていう。それをみんなで回し飲みして、バトンのように。最後、空になった缶を放り投げたところで終わる、っていうふうにしたかったの。アンカーだっていうね。

石井:
バトンなんですね。

押井:
人間って、人生のある時期に、アンカーの役目を務めるときがあるはずだっていう。なかなか良いと思ったんだよ。ぼくは、集団劇に興味があるわけで。宮さんに言わせると、「四人じゃダメだ!」っていうさ。「一人じゃなきゃダメだ!」って。「なぜ? どうしてなんだ?」っていうさ。
「女の子も、鼻垂らしたチビが良いんだ」って。なんで、そんなチビを出さなきゃいけないんだろうって。「そういう女の子の方がいいんだよ」っていうさ。渡されちゃったバトンが、美少女じゃなくて、鼻垂らしのチビだっていう。『迷宮物件』みたいなチビなんだっていう、まだヘルメットかぶっててさ。「嫌だ、とんでもない」って。「美少女で、少年じゃなきゃいけない」って。

石井:
宮崎作品に通底する……。

押井:
そうそうそう。恋愛なんだっていう。「えー!? そんな話、ひとつも聞いてないよ」って。なんで、そうなんなきゃいけないのっていう。だって、バトンでしょっていう。少年が、突然覆わされた責務を、いろいろ逡巡はするけれど、最後までやり果せるっていう。仲間集めて、次から次へと渡していく話じゃないのかって。「そうじゃないんだ。この二人は、愛情を持たなきゃいけないんだ」って。「それじゃ、いつものアンタの映画と一緒じゃないか」って。「一緒で、どこが悪い!」って。突然開き直ったわけだよね。三人が三人とも話が合わなくて、結局怒鳴り合いになって、「ダメだ」って。

石井:
そのとき鈴木さんは、どうしてたんですか?

押井:
黙って聞いてたよ。ときどき言うんだけどさ。これはダメだって顔してた、明らかに。それが最初かな。で、敏ちゃんに「できるわけないよ、やめよう」って。宮さん口出さないっていうのは、大ウソだ。既に口出してるじゃないって。ジブリでやるなんて問題外だって。

石井:
宮崎さんが、プロデューサーっていう触れ込みだったんですよね。

恐怖の巨大タクワン石頭

大喧嘩の末、企画は頓挫し、『アンカー』は幻の作品となってしまいました。
しかし、押井守監督は、宮崎駿監督をたいへん尊敬しており、自身の描いた四コマ漫画にも登場させています。
宮崎駿監督が長編から引退してしまって、押井守監督との対決がなくなってしまうのは残念ですね。

恐怖の巨大タクワン石頭

恐怖の巨大タクワン石頭

この漫画は、「アニメージュ1987年10月号」の付録に掲載。アニメ―ジュ特別編集の「映画 紅の豚 GUIDE BOOK」にも再録されました。

キネマ旬報 臨時増刊 7月16日号
宮崎駿、高畑勲とスタジオジブリのアニメーションたち

宮崎駿×高畑勲の対談。
押井守、大塚康生、近藤喜文、鈴木敏夫、スタジオジブリを知り尽くした重鎮のインタビューを掲載。

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事



13 Comments

  1. いい話。たまんない

  2. みんなでドラマを観るくだり最高

  3. これは記事に書かれた限りでは押井さんの言ってた案が面白そうだなぁ
    高畑さんが何にたいして意見を曲げなかったのかも気になるけど
    これだけの文章で見てみたいと思わせるんだから罪深いわ

  4. 「確か宮さんがプロデューサーで僕が監督、高畑さんもプロデュースで付くということで。三人でこもって一応プロットまで作ったんですが、一晩大喧嘩」その3人で話がまとまるわけがない…w

  5. 「確か宮さんがプロデューサーで僕が監督、高畑さんもプロデュースで付くということで。三人でこもって一応プロットまで作ったんですが、一晩大喧嘩になりまして、決裂してやめちゃったんです」

  6. 「「それじゃ、いつものアンタの映画と一緒じゃないか」って。「一緒で、どこが悪い!」って。突然開き直ったわけだよね。三人が三人とも話が合わなくて、結局怒鳴り合いになって、「ダメだ」って」

  7. 宮崎駿、押井守、高畑勲。3人寄れば文殊のぶつけ合い。しかも全力。面白すぎる。

  8. なんだよめちゃくちゃ面白いよ!『アンカー』撮ってくれよ!

  9. 取り敢えず、この顛末を映画にしたら面白いんじゃないか?ジブリ新作として。ドキュメンタリータッチでもいいし、鈴P視点か主人公でも。強烈なキャラクター性のぶつかり合いは見応えありそう。

  10. 少女をなぜか守るために少年が家の屋根や電柱を飛び回って魑魅魍魎と戦い、逃れ、バトンを渡していく。
    アニメじゃダメという旗色のとき、DAICON FILMで庵野や岡田が無茶なアクション8mmや16mmを撮っているのを知った宮崎さんは、庵野を呼びつけ打合せした。
    帰ってきた庵野は仲間から聞かれて、こう答えた。(うろ覚え)
    「俺たちが特撮アクションの真似してるからって、
     ジャッキーチェンじゃあるまいし、俺たちにできる内容じゃあないよ。
     宮さんはようするに、実写でコナンをやりたいんだと思う」

  11. 実存タクワン石頭の裏話

  12. 絵コンテ以外で押井守の絵を初めて見た。当たり前だけど上手い。いがらしみきおみたいだけど。

  13. ああああああ

    2018年12月16日 at 7:46 PM

    こんな所でトークしちゃっていいのかね?
    盗作されるんじゃないの?
    まあ、最近の凋落っぷりを観ると盗作してもいいから何か作れよとは思うが。

コメントを残す

ジブリ好き?

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

© 2020 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑