シン・エヴァンゲリオン劇場版『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が3月8日に公開され、初の週末をむかえた3月13日(土)・14日(日)の2日間の興行収入は、11億7744万5400円だったことがわかりました。
観客動員数は76万人を記録。公開初日からの7日間累計で興行収入33億3842万2400円、観客動員数219万4533人となっています。一部地域では上映環境に制限がある中で、大きな興収をあげています。



エヴァンゲリオンシリーズの歴代最高興行収入は、『新劇場版:Q』の53億円ですが、既に『シン・エヴァ』が抜くことは確実視されています。
歴代作品の興行収入は以下の通りです。

『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』18億7000万円
『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』24億7000万円
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』20億円
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』40億円
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』53億円

また、『シン・エヴァ』のTVスポット映像が、株式会社カラ―のTwitterおよびYouTubeにて公開されました。


ジブリ情報配信中



関連記事