アカデミー賞 エントリー作品映画芸術科学アカデミーが、第92回アカデミー賞長編アニメ映画部門にエントリーされた32作を発表しました。
日本の作品からは新海誠監督の『天気の子』、今石洋之監督の『プロメア』、高坂希太郎監督の『若おかみは小学生!』、五十嵐大介さんの原作漫画をアニメーション化した渡辺歩監督の『海獣の子供』の4作がエントリーされました。



本国アメリカからは『アナと雪の女王2』『トイ・ストーリー4』『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』『ペット2』『レゴ(R)ムービー2』、『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』などで知られるアニメーションスタジオ・ライカの『ミッシング・リンク(原題) / Missing Link』、ウィル・スミス&トム・ホランドが声優として参加した『スパイズ・イン・ディスガイズ(原題) / Spies in Disguise』をはじめとした作品がエントリー。フランスの話題作『失くした体』や『ディリリとパリの時間旅行』なども名を連ねています。

この中から正式にノミネートされるには、期限までにアメリカ国内での劇場公開といった規定を満たす必要があり、第92回アカデミー賞のノミネート作品は2020年1月13日に発表され、長編アニメ映画部門では5作品が最終的な候補となり、授賞式は2020年2月9日に開催されます。

映画『海獣の子供』ARTBOOK
発売日:2019年6月7日(金)
価格:3888円(税込)

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事