10月10日、東京ビッグサイトにて、東京アニメアワード表彰式・功労賞顕彰式が開催されました。

ノミネート部門では、スタジオジブリの『借りぐらしのアリエッティ』が、アニメーション・オブ・ザ・イヤー、国内劇場映画部門優秀作品賞、監督賞、美術賞、音楽賞とあわせて5部門を受賞しています。

美術賞の武重洋二さん、吉田昇さんは次回作の制作に入っているため、セシル・コルベルさんはフランスにいるため来場はなかったが、米林宏昌監督、スタジオジブリの野中晋輔さんが受賞の挨拶をした。

米林監督は「『借りぐらしのアリエッティ』は沢山の人に観て貰えた、この作品は幸せ」とその喜びを語った。また、先の震災についても触れ「震災前の作品なので、今の世の中にも通じるかと考えた」と、そして「通じるところがあるのじゃないかと思った」と話す。



ノミネート部門

アニメーション オブ ザ イヤー
『借りぐらしのアリエッティ』

テレビ部門 優秀作品賞
『けいおん!!』
『四畳半神話大系』

国内劇場映画部門 優秀作品賞
『借りぐらしのアリエッティ』

海外劇場映画部門 優秀作品賞
『トイ・ストーリー3』

OVA部門 優秀作品賞
『機動戦士ガンダム UC』 

監督賞
米林宏昌 『借りぐらしのアリエッティ』

脚本賞
丸尾みほ 『カラフル』

美術賞
武重洋二/吉田昇 『借りぐらしのアリエッティ』

キャラクターデザイン賞
馬越嘉彦 『ハートキャッチプリキュア!』

声優賞
豊崎愛生 『けいおん!!』 (平沢唯役)

音楽賞
セシル・コルベル 『借りぐらしのアリエッティ』

東京アニメアワード 半年遅れた授賞式・顕彰式を開催
http://animeanime.jp/report/archives/cat147/

東京国際アニメフェア
http://www.tokyoanime.jp/ja/


ジブリ情報配信中



関連記事