千と千尋の神隠し中国で宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』が劇場上映されることが決まりました。
昨年は中国で『となりのトトロ』が上映されて大ヒットしていることもあり、中国のジブリファンは熱狂的な反応を示しています。
本作は中国でも絶大な人気で、コミュニティーサイトDouban(豆瓣)では100万人以上が評価し、そのうち7割以上が満点の星5つを付けています。



千と千尋の神隠し中国版Twitterの「微博(ウェイボー)」では、「『千と千尋』が生きているうちに中国へ! 宮崎駿監督のアニメーション映画『千と千尋の神隠し』が中国本土に上陸することが確認され、中国語のポスターもリリースされた。スクリーンでこの映画を見られるなんて夢にも思わなかった。幸せで涙がこぼれる」という投稿と共に、「まもなく上映」と印字された中国語版のポスター画像を転載されています。

このニュースに対するコメントは、すでに1万件に上っており、「なんだって!?こりゃ号泣ものだ」「うあああああ!!やっと来た!!今まで一番多く繰り返し見た作品!!やっとスクリーンで見られるんだね(泣)早く詳細決まってほしい」「去年は『トトロ』、そして今度は『千と千尋』!絶対見る!」「泣きそう…。『ハウルの動く城』もお願いします」「カットせず、フルバージョンにしてください」「子どものころに見た映画。今度は子どもを連れて見に行く」など、興奮の伝わる声が多数寄せられています。

なお、上映の日程については現在のところまだ告知されていません。

『千と千尋の神隠し』Blu-ray
映像特典に、絵コンテ(本編映像とのピクチャー・イン・ピクチャー)、アフレコ台本、予告編集を収録。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事