「スケッチトラベル」のスケッチブックが、ベルギーでチャリティオークションにかけられました。
3万ユーロから始まった競りは、最終的に7万ユーロ(約739万円)で落札されたそうです。
フランスでは既に、このスケッチトラベルが本になって発売されているそうで、その感想が、「ナリナリドットコム」というサイトに載っています。
日本での発売が待ち遠しいですね。



フランスで先行発売された“スケッチトラベル”の本を、ナリナリドットコムのフランス特派員も早速入手。楽しみながら読んだが、どの作品も印刷であるにも関わらず、その筆致や個性が息吹いているようで、ずっと見ていても飽きることがない。特に最後の堤大介、フレデリック・バック、宮崎駿と続く3幅の絵は圧巻。絵に込められた思いをまざまざと感じることができる。

ナリナリドットコム
http://www.narinari.com/Nd/20111016524.html


ジブリ情報配信中



関連記事