鹿の王 ユナと約束の旅

映画『鹿の王 ユナと約束の旅』の新予告編と、新ポスタービジュアル、主題歌情報が公開されました。



主題歌は、シンガーソングライターのmiletが担当することが決定。新たに公開された予告編では、主題歌「One Reason」の一部を聴くことができます。

また、新ビジュアルは、安藤雅司監督が描いたティザービジュアルをコンセプトに作成。ユナを守る力強いヴァンの背中と、一筋の希望という光を与えるユナが描かれています。

本作は、ジブリ出身の安藤雅司さんと宮地昌幸さんがW監督を務め、脚本は岸本卓さんが担当しています。

『鹿の王 ユナと約束の旅』は、9月10日(金)より全国ロードショー。

miletコメント
映画『鹿の王 ユナと約束の旅』の主題歌を担当させていただくことになりました。
「One Reason」は主題歌のお話しをいただき、小説・台本を読み、言葉たちから伝わる静かな森の匂いや温度を生々しく感じながら書き進めました。困難に立ち向かう小さな命たちが繋がり、一度きりの人生の中で大きな愛を生み出します。やはり、人間はあたたかい生き物なのです。そんなメッセージを抱きしめ、深い森を泳ぎ進むように歌わせていただきました。
ぜひ「鹿の王」の世界と一緒に主題歌「One Reason」も一緒に楽しんでいただけたら幸いです。

安藤雅司監督コメント
映画の制作中、プロデューサーより「今気になるアーティストはいるか?」と聞かれ、「あのドラマの主題歌の…」と、その時最も耳に残る歌声として答えたのが、音楽には疎い自分はお名前もよく存じ上げなかったmiletさんでした。
主題歌をお願いする時に、自分が伝えたイメージは『今ここに私があるのは私を大切に思ってくれたあなたがいたから…』という思いを、子から親に、あるいは大切な人に向けて伝える歌でした。それが映画の中の少女ユナから、彼女を守ってくれたヴァンに伝える思いと重なると美しいと考えました。
思い描いた通りの、本当に素敵な主題歌が生まれたと大変感謝しております。
ぜひ、この主題歌と共に、この映画が観る者の心に響くことを願っています。


ジブリ情報配信中