スタジオジブリ パンフレット7月4日・5日の土日2日間の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、現在リバイバル上映されているスタジオジブリ作品が2週連続でトップ3を独占しました。
ランキングは前週と同じく『千と千尋の神隠し』が1位、『もののけ姫』が2位、『風の谷のナウシカ』が3位となっています。



先週末公開された新作映画は23本ありますが、依然として宮崎駿作品が上位3位までをキープしています。

上位勢に変動はなく、公開2週目の『ランボー ラスト・ブラッド』は先週と同じく4位、公開3週目の『ドクター・ドリトル』が5位。長澤まさみさんが主演を務めた『MOTHER マザー』は、初登場で6位にランクインしています。

また、先週9位だった宮崎吾朗監督作品の『ゲド戦記』は、順位を1つ上げ8位になりました。

スタジオジブリ作品の上位独占がいつまで続くか、注目が集まっています。

「一生に一度は、映画館でジブリを。」

7月4日・5日 全国映画動員ランキング

1位:『千と千尋の神隠し』(1)2週目
2位:『もののけ姫』(2)2週目
3位:『風の谷のナウシカ』(3)2週目
4位:『ランボー ラスト・ブラッド』(4)2週目
5位:『ドクター・ドリトル』(5)3週目
6位:『MOTHER マザー』(初)1週目
7位:『ソニック・ザ・ムービー』(6)2週目
8位:『ゲド戦記』(9)2週目
9位:『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(7)4週目
10位:『水曜日が消えた』(8)3週目


ジブリ情報配信中



関連記事