ドラマ『おもひでぽろぽろ』漫画『おもひでぽろぽろ』を原作にした実写ドラマが、1月9日(土)にBSプレミアム・BS4Kにて放送されます。
『おもひでぽろぽろ』は高畑勲監督が1991年にアニメーション化したことで知られた作品。今回の実写化も、原作となっているのは漫画版なので、ジブリとは関係がありませんが、ジブリファンにとっても馴染みの作品のため注目されています。



原作漫画では、小学5年生の少女・タエ子の日常がコミカルに描かれています。そして、このたび実写化されたドラマ版では、2020年、タエ子は64歳になっています。
30代の娘と10代の孫娘との同居がはじまり、人生が大きく動き始めたタエ子。娘との小さないざこざを抱え、孫にかつての自分の姿を投影し、「昭和のタエ子」に後押しされながら、「令和のタエ子」は、“女優になる!”という新しい夢にむかって1歩を踏み出します。

原作漫画ファン、ジブリのアニメーションファン、それぞれの思い出やそれぞれのタエ子を重ねながら楽しめる、そんな『おもひでぽろぽろ』となっています。

スペシャルドラマ『おもひでぽろぽろ』
日程:2021年1月9日(土)
時間:21:00~22:29(BSプレミアム・BS4K)


ジブリ情報配信中



関連記事