宮崎駿監督やスタジオジブリと縁の深い、山本二三さんの個展が開催されました。
『未来少年コナン』で美術監督をつとめ、その後も高畑監督や宮崎監督の作品の多くに美術監督して参加している方です。



 スタジオジブリなどのアニメーション映画で美術監督を務める山本二三(にぞう)さん(58)が描いた背景画を集めた「山本二三展」が7日、盛岡市前潟のイオンモール盛岡で始まった。31日まで。
 展示されたのは「天空の城ラピュタ」や「火垂(ほた)るの墓」「時をかける少女」など25作品の背景画計約160点。訪れた親子連れらは、数々の有名作品に使われた背景画の緻密(ちみつ)な描写に感心しながら見入っていた。また、同日開かれたトークショーでは、山本さんが「火垂るの墓」の背景を描くため、神戸市などの舞台を実際に歩いて取材したエピソードなどを披露した。

 山本さんに憧れ、神奈川県藤沢市から来たという専門学校生、村田裕斗さん(19)は「パソコンを使わずあれだけ描けることがすごい」と声を弾ませていた。

入場料
一般・大学生 600円(当日800円)
小・中・高生 300円(当日500円)

日程
2012.01.07(土)~2012.01.31(火)

時間
10:00~19:00(最終日は17:00まで)
(入場は18:30まで、最終日は16:30まで)

場所
2階イオンホール

備考
主催:岩手日報社、テレビ岩手
共催:イオンモール盛岡
協力:絵映舎
後援:岩手県、岩手県教育委員会、盛岡市、盛岡市教育委員会、(社)岩手県私立幼稚園連合会


ジブリ情報配信中



関連記事