久石譲氏の長女で歌手の麻衣氏が、4歳のときに歌った『風の谷のナウシカ』の劇中歌「ナウシカ・レクイエム」を30年ぶりに歌います。

歌手となった麻衣はこれまでライブなどでも同曲を歌うことはなかったが、映画公開から30年という節目の年に夢の“本人生歌唱”が実現することになった。



そもそも久石は「ナウシカ・レクイエム」をボーイソプラノの声で録音しようと考えていたが、イメージを伝えるために4歳の娘・麻衣に歌わせたところ、そのデモテープを宮崎駿監督が気に入ったため採用が決定したという経緯がある。麻衣は訳もわからないままスタジオに連れて来られたときのことを「録音ブースは狭くて暗く、周囲が大人ばっかりだったので、とても怖かった……」と振り返っている。

30年の時を経て麻衣本人が歌う「ナウシカ・レクイエム」は、2月25日に東京・六本木にあるSTB 139で行われる彼女のソロライブで披露される。

麻衣は、2009年12月に映画『ウルルの森の物語』の主題歌「ウルルの唄」でメジャーデビュー。2011年公開の『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』の劇中歌「リリーのテーマ」を担当したことでも話題になった。

『麻衣 Special Live ’14』
場所:六本木 STB 139
日程:2月25日
開場:18:00 開演:19:30
≫「STB 139」公式サイト

風の谷のナウシカ サウンドトラック はるかな地へ…
『風の谷のナウシカ』のイメージアルバム「鳥の人」をもとに、新たにレコーディングされた映画用BGMを収録したサウンドトラック。

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事