京都府綾部市ポスター京都府の綾部市が、「綾部まちなか」の魅力を伝えるため、スタジオジブリ作品で美術監督を務めた、山本二三さんが描き下ろした絵画を使用したPRポスターを制作しました。
同市は、グンゼ創業期の建物群や大本に至る市街地エリアを「海の京都」の戦略拠点と位置づけ、観光振興に取り組んでいます。



大きさはB1サイズ(約100×70cm)で、「ゆったりと流れる癒しのとき 和でつむぐ綾のまち」のタイトルとともに、大正6(1917)年に本社事務所として建設され、経済産業省の近代化産業遺産と府の景観資産に認定されているグンゼ記念館と、昭和28(1953)年に完成した国の登録有形文化財「みろく殿」の絵画を載せています。

200枚制作し、市内や近隣市町の観光施設に掲示するほか、京阪神などでの観光キャンペーンで活用されます。


ジブリ情報配信中



関連記事