宮崎駿 くめバス新デザインの久米島町営バス「くめバス」が登場し、4月からの運行に合わせ3月31日、町仲里庁舎で交通安全祈願が行われました。
新デザインのバスに描かれたロゴマークは、宮崎駿監督が作成し、久米島町に寄贈したもの。



大海原を旅するウミガメが背に乗せた水がめには、世界の中心に久米島があり、「町民が連帯して島の未来を切り開いてほしい」という宮崎監督の思いが込められています。

大田治雄町長は「宮崎監督には大変感謝している。島内外の方々に久米島の象徴として親しまれるよう願っている」と話しました。

バスの定員は59人で、空港から謝名堂までを運行予定となっています。


ジブリ情報配信中



関連記事