インサイド・ヘッドピクサーの最新作『インサイド・ヘッド』の公開を控え、ピート・ドクター監督が来日。都内で記者会見をおこないました。会見には、本作で共同監督を担当した、ロニー・デル・カルメンも出席。会見前日には、スタジオジブリにも訪れ、宮崎駿監督との対面を果たしたといいます。



ドクター監督は「ロニーと二人で、どんなアプローチで本作を作ったかを説明し、宮駿崎監督からはいろいろと質問を受けました。アイデアのきっかけになった僕の娘エリも連れて行ったので、宮崎監督はエリを見て『なるほど』と喜んでおられました。宮崎監督が本作の試写を観て、立ち上がって拍手してくれたという話を聞き、とても感激しました。ライリーを特に気に入ってくれて、両親との関係に感激したと言ってくれた」と宮崎監督からの賞賛を喜びました。

カルメン監督も「ストーリーテラーとしても、宮崎監督を尊敬しているので、とても光栄でした」と笑顔を見せました。

『インサイド・ヘッド』予告編

『インサイド・ヘッド』は、頭の中にある 「感情たち」の物語。11歳の少女ライリーの中にある5つの感情ヨロコビ・カナシミ・イカリ・ムカムカ・ビビリが、彼女の幸せを守るために、無限に広がる“頭の中”で予想もつかない大冒険を繰り広げるファンタジー作品。

映画『インサイド・ヘッド』は7月18日より全国公開

小説版『インサイド・ヘッド』
人の頭の中には、ヨロコビ、カナシミ、ムカムカ、イカリ、ビビリという五つの感情たちがすんでいる。田舎の小さな町から都会への引っ越しという大きな生活の変化に、11歳の少女ライリーの感情たちは大混乱。無限に広がる頭の中で、擬人化された感情たちがくりひろげる、感動の冒険ファンタジー。

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中