白蛇伝東映動画が作った日本初の長編カラーアニメーション『白蛇伝』が、デジタルリマスター版となって、5月14日から25日まで開催される「第72回カンヌ国際映画祭」で上映されることになりました。映画祭の中の企画部門カンヌクラシックの1作品となります。
カンヌクラシックは2004年に設立され、過去の名作映画を集中的に取り上げています。



本企画は映画の再評価、アーカイブ的な機能も期待されていて、なかでも修復された傑作の紹介は重要な役割となっています。

これまでにも東映からは『仁義なき戦い』、『楢山節考』などのデジタルリマスター版も上映されていますが、東映アニメーションの作品は、今回が初のことです。

『白蛇伝』が誕生したのは1958年。戦後日本を代表するアニメーターである大工原章さん、森康二さん、大塚康生さん、奥山玲子さんらが参加しており、会社設立から間もない東映動画が世界へ発信するための作品として、エネルギーを注ぎ込んで制作しました。

現在放送されているNHKの連続テレビ小説『なつぞら』においても、『白蛇伝』をモデルとした『白蛇姫』が登場しており、なじみ深いものとなっています。

今回はデジタルリマスター版が上映され、そんな当時の映像をいまに蘇らせる試みとなります。国立映画アーカイブと東映アニメーション、東映が協力、4Kスキャンニングとデジタルリマスターを実施しました。

白蛇伝
中国古来の伝説をもとに、白蛇の精と若者の恋を壮大なスケールで描いた日本初のカラー長編アニメ。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事