ルパン三世カリオストロの城池袋のグランドシネマサンシャインにて、ルパン三世の第一回映画作品『ルパン三世 ルパンVS複製人間(クローン)』と、宮崎駿監督の長編デビュー作『ルパン三世 カリオストロの城』、細田守監督の名作『時をかける少女』が、8月21日より順次上映されることが明かされました。



これはグランドシネマサンシャインが「gdcsアニメーション映画特集 Anime! Anime!! Anime!!!」と題して展開する企画で、一部上映回については、シネマサンシャインオリジナル規格のプレミアムシアター“BESTIA(ベスティア)”での上映が予定されています。

『ルパンVS複製人間』は1978年に劇場用長編作品の第1弾として制作され、『ルパン三世 カリオストロの城』は劇場用長編作品としては第2弾、宮崎駿監督としては長編アニメーションの初監督作品として1979年12月に公開されました。
そして、『時をかける少女』は、筒井康隆さんの同名小説を原作に細田守監督がアニメーション化。2006年7月に公開され、小規模ながら口コミで広がっていき、細田守監督の名が世の中に広まる切欠となった作品です。

gdcsアニメーション映画特集 Anime! Anime!! Anime!!!
上映スケジュール

2020年8月21日(金)~『ルパン三世 ルパンVS複製人間(クローン)』
2020年8月21日(金)~『ルパン三世 カリオストロの城』
2020年8月28日(金)~『時をかける少女』

料金:一般・大学生:1,200円、高校生・中小幼:1,000円
※BESTIA上映の場合は追加料金200円

場所:グランドシネマサンシャイン


ジブリ情報配信中



関連記事