昨年、東京都現代美術館で開催された「フレデリック・バック展」が、3月17日から札幌芸術の森美術館で開催されます。

 バックさんは1924年生まれ。テレビ局勤務を経て本格的にアニメーション制作を始めた。スケッチをそのまま動かしたような柔らかいタッチと鋭い文明批評を内包した作風で注目され、「クラック!」「木を植えた男」で2度の米アカデミー賞短編アニメーション賞に輝いている。スタジオジブリの高畑勲、宮崎駿の両監督ら、世界のアニメーション作家に影響を与えたことでも知られている。展覧会では三鷹の森ジブリ美術館の企画協力で原画と映像を展示し、足跡を辿る。



会期:2012年3月17日(土)~5月27日(木)
休館日:4月23日までの月曜休館
会場:札幌芸術の森美術館
開館時間:午前9時45分~午後5時(入場は午後4時30分まで)


ジブリ情報配信中



関連記事